賃貸保証人不要物件が多くなってきた理由とは?


賃貸物件に入居する時、今まででしたら「連帯保証人」を必ずつけなければ、入居することができなかったのですが、最近では「連帯保証人」は原則不要物件が非常に多くなり、特に大手管理会社物件においては、連帯保証人をつけるケースは殆どと言ってもいいぐらいありません。


では、どうして最近の賃貸物件においては、連帯保証人をつけなくても入居することができるのでしょうか?



1.連帯保証人が高齢化しつつある 
連帯保証人の高齢化が、家賃保証会社利用促進につながっています

家賃保証会社が生まれる前は、入居時に連帯保証人をつけることが必須で、連帯保証人は入居者本人が家賃滞納を繰り返すと、管理会社は連帯保証人に債務回収を行いますが、時代と共に連帯保証人になる確率が高い「両親」の高齢化が深刻となり、債務回収をしたくても、連帯保証人が支払い能力がなければ、裁判を起こして回収をするしかありません。


ただ裁判を起こすにしても、その費用は高額になるのはもちろんのこと、管理会社・オーナーが裁判に勝訴しても、支払い能力がなければ「泣き寝入り」せざるを得ないことから、近年では、ご両親が仕事をされていても、連帯保証人は原則として不要として、その代わり、連帯保証人の代わりとなる「家賃保証会社」に加入することを必須としています。



2.家賃保証会社のメリットとデメリット
家賃保証会社を利用するメリットは、連帯保証人が不要になること

連帯保証人に代わるものとして、家賃保証会社が生まれ、今では大手管理会社物件ではもちろんですが、街の不動産屋さんが管理している物件においても、家賃保証会社を利用するところが増えてきています。


お客様が、家賃保証会社を利用することによって得られるメリットとしては…

・連帯保証人をつけなくても、入居ができる(ただし例外あり)

・家賃滞納した場合、両親などに滞納請求が行かない

・家賃滞納した場合、一時的に保証会社が立て替えてくれる


一方デメリットはというと…

・入居時に初回保証料と年1回更新料が発生し、退去時には返金されない

・家賃3か月以上滞納してしまうと、法的手続きに移行し、強制退去となる可能性がある

・滞納や強制退去の履歴が、信用情報に掲載され、入居ができない場合がある




3.まとめ

家賃保証会社を利用する前までは、連帯保証人がついていたとしても、保証人が返済能力がなければ、事実上債権放棄しなければならなかったものが、家賃保証会社を利用することによって、滞納家賃及び退去費用(上限あり)が家賃保証会社より立て替えてもらうことができるようになったことから、管理会社としては安定した家賃入金が可能となり、集金業務に充てる時間をさけることが可能になったことから、今後家賃保証会社を利用する物件は、さらに多くなると思われます。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#連帯保証人 #家賃保証会社

閲覧数:4回0件のコメント