賃貸入居中でゴキブリ退治したいならば、駆除業者に依頼したほうがベスト。


これから比較的過ごしやすい日々となりますが、春から秋ごろまで、ゴキブリが活動し始めてしまうことから、ゴキブリが苦手な方にとっては、憂鬱な日々となってしまいます。


賃貸において入居時に「害虫駆除」を行った方は、しばらくはゴキブリの発生がないので、ある意味においては大丈夫だと思いますが、ただ駆除効果はどうしても一時的なものなので、数年後には再度発生してしまう可能性があります。

入居後、ゴキブリが発生した場合本気で駆除したいならば業者に依頼したほうがベスト

賃貸において、ゴキブリが発生した場合「バルサン」等の市販の駆除剤を使用するのが一般的です。


駆除剤を室内に散布しておけば、薬剤が室内全体に行き渡るので、ゴキブリやダニなどといった害虫を一網打尽にすることができますが、ただゴキブリは「ちょっとした隙間」があればすぐに室内に侵入してしまうので、市販の薬剤の効果が薄れてきたときには、再度室内に侵入してしまう恐れが出てきます。



ゴキブリは誰もが苦手としていると思いますが、ただ中には本当に苦手な方もいます。

そのような方は、市販の駆除剤を使用するより、料金は高くなりますが、専門業者に害虫駆除依頼をされたほうが、費用対効果としてもオトクとなります。


専門業者に依頼すると、ゴキブリが侵入してくる可能性がある所に対して、隙間などがあった場合、しっかりと密閉することによって、侵入を防いでくれますし、また薬剤も市販のものと比べるとよいものを使用しているので、結果は一目瞭然ですぐにわかるはずです。




ご入居者様が個人的に駆除依頼をする場合、管理会社から特定業者を使ってほしいということはないとは思いますが、ただ念のため連絡はしておいた方がいいかもしれません。


注記

・お客様における害虫駆除依頼については、経年劣化などではないので、お客様負担となります。






今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#ゴキブリ

#害虫駆除


0回の閲覧0件のコメント