賃貸入居中に、訪問営業をされた場合、どのような対応をしたらいいの?


新型コロナウイルスの影響により「テレワーク」や「おうち時間」が長くなっていますが、これに乗じて「訪問営業」をする方が増えてきてます。

夜8時や9時ごろに来られるは正直言って迷惑なことで、物件敷地内をうろうろされるのはある意味において「怖い」と感じる方もいるのではないでしょうか?


もしこのような行為が繰り返して行われた場合、どのような対応をとればいいのでしょうか?また管理会社に連絡すれば対応してくれるのでしょうか?



このような時にはすぐに管理会社(場合によっては警察)に連絡してください。

厳密にいうと、アパートの敷地内は「私有地」に当たり、私有地に立ち入ることができるのは、アパート関係者のみとなり、関係者以外の方が「許可なく」敷地内に入るのは「違法行為」に該当する恐れがあります。(刑法130条に抵触する可能性があります)


アパート関係者とは…

・入居者様(親族含む)

・入居者様の部屋を訪問する友人など

・宅配業者、郵便配達員など

・管理会社及び仲介会社の担当者(工事業者も含む)

・オーナー


また、現在ではテレビインターフォンが取り付けられている物件が多くなったことから、身に覚えのない方がインターフォンをを鳴らしても、ドアは絶対にあけてはいけません。またドアロックをしっかり行った上で「今すぐ出てってください」としっかりと断ってください。



もしそれでも敷地内をうろうろしていたら、迷わず警察に連絡して「不審者がいるから来てほしい」とお願いすればすぐに警察官が急行します。



また、もし訪問営業されていた方の身元が分かっていた場合、管理会社に連絡してもらえれば、迷惑行為をした方に対して「出入り禁止処分」を言い渡します。それでも再度訪問される時には、れっきとした不法侵入になる可能性が高くなるので、迷わず警察に通報して下さい。



#訪問営業

#賃貸


0回の閲覧0件のコメント