賃貸入居審査で落ちてしまう人には、ある共通点があります。


賃貸物件に入居希望される方に対して、100%の確率で「入居審査」が行われ、入居審査に通過しなければ、入居する事自体ができません。


一昔前の入居審査では、連帯保証人をつけることが「入居条件」となっていました。

大抵の方は、ご両親や親戚の方に、連帯保証人をつけてもらうことが多いのですが、ただ都合によって連帯保証人を付けられない方も一定数以上いたり、また連帯保証人を付けたとしても「管理会社の判断」によって、お断り(ほとんどが連帯保証人の役割を担えない=資産や高齢など)するケースもあるので、契約まで時間がかかることもあったのですが、近年では、連帯保証人の役割を担ってくれる「家賃保証会社」を利用するケースが圧倒的に増えてきたので、契約がスムーズにいくようになりました。



家賃保証会社を利用することによって、入居審査は「家賃保証会社」「管理会社」「オーナーさん」の審査があり、それぞれの審査に通過しなければ、入居することはできません。


基本的に入居審査で落ちてしまう方は、殆どいませんが、ただしごくわずかではありますが、一部の方は「入居審査」で落ちてしまいます。しかし、入居審査で落ちてしまう人には「ある共通点」がありますので、万が一入居審査で落ちてしまった方は、注意が必要です。


 

目 次

1.入居審査に一発で落とされてしまう人とは?

2.身なりや言動に違和感があると、入居審査に不利

3.管理会社などが入居審査を行う理由とは?

4.まとめ

 

1.入居審査に一発で落とされてしまう人とは?

入居審査に一発で落とされてしまう人とは?

入居審査において、一発で落とされてしまう方には、共通点があります。

管理会社などで提携している保証会社によって、落とす理由も異なりますが、一般的に入居審査で落ちてしまう方の殆どは「家賃保証会社審査」において、所謂ブラックリストに掲載されている方達です。


ブラックリストは、正式名称ではありません。

正しくは「信用情報機関に信用情報を掲載されてしまった」方達の総称で、信用情報に掲載されてしまうと、5年間は掲載されてしまいます。


では、信用情報に掲載されてしまう理由とは、どのようなケースが多いのでしょうか?

・家賃滞納を繰返していた

・家賃滞納を3か月以上続けて、提訴された経験がある

・家賃滞納を続けた結果、強制退去処分を受けた

・クレジットカード滞納をしてしまった


このようなケースの場合、まず保証会社では入居審査を通過させることはありません。

ただ仲介会社などでは、審査に落ちてしまった場合でも、提携しているほかの保証会社に再審査を回すことがあり、そちらでは入居審査に合格することもあります。


また信用情報とは関係ありませんが、「収入的に家賃を支払える能力がない」と、保証会社が判断した場合には、入居審査に落ちてしまうことがあります。一般的には、家賃が収入の3分の1以内に収まっていれば、入居審査に落ちることはないと言われています。

ただしこの場合は、収入が問題となってしまっているので、入居申込をされた部屋より安い物件に入居する事により、入居審査が通りやすくなりますので、ご安心ください。




2.身なりや言動に違和感があると、入居審査に不利

身なりや言動に違和感があると、入居審査に不利

賃貸物件を探されている方は、あまりご存知ではないとは思いますが、実は賃貸物件見学時において、すでに入居審査は行われています。


お部屋見学をされたお客様が、その部屋を気に入って契約手続きをしようとした時、担当者はお客様の言動や服装などをよく確認し、そのことを管理担当者に報告します。


賃貸物件に1度入居してしまうと、お客様には法的な保護=居住権が認められているので、たとえトラブルを引き起こしてしまったとしても、法的な理由がない限り「強制退去」させることができないので、お客様の言動が「社会常識に逸脱」している感じに見えた時には、たとえ家賃が支払える能力があったとしても、入居をお断りすることもあります。



3.管理会社などが入居審査を行う理由とは?

管理会社などが入居審査を行う理由とは?

保証会社や管理会社が、入居審査をする最大の理由は、ズバリ家賃滞納リスクを減らすため。


入居者様が家賃滞納してしまうと、管理会社では「家賃回収」をしなければなりません。

ただ家賃回収をするとなると、お客様がいる時間帯に合わせて訪問をしなければならないことから、今のご時世(=長時間労働となってしまう)ではよほどのことがない限り、行うことができません。


そこで、保証会社を利用することによって、管理会社では「代位弁済請求」をすることによって、家賃を立て替えて支払ってもらうことができますが、今度は保証会社が、回収作業をしなければならず、また滞納を返済する意思がなければ、強制退去に踏み切りますが、その費用は保証会社が持つことになるので、保証会社的にも、家賃が支払えそうもない方や、過去に滞納歴がある方を入居させたくはないというのが本音です。



4.まとめ


入居申込時において、少しでも条件を緩和してもらえるように、担当者に「初期費用や家賃を値引き」してほしいと交渉することが多いです。

交渉自体は良いと思いますが、ただ必要以上に借主にとって都合の良い条件をのんでもらうように圧力をかけてしまうと、管理会社による入居審査で「不利」になる可能性は極めて高くなりますので、もし条件緩和をどうしても求めたいのであれば、それ相応の物件に入居するしか方法はありません。




閲覧数:15回0件のコメント