賃貸入居審査に落ちる理由で、最も多いのは「滞納歴」がある人。


賃貸物件に入居する時「100%の確率で入居審査」が行われます。

基本的に収入に見合った(一般的には手取り家賃の30%以下までの家賃)部屋ならば、まず審査に通過する確率が殆どで、よほどのことがない限り「連帯保証人をつけてほしい」と管理会社から言われることはありません。


ただその一方で、残念ながらごく一部の方ではありますが「入居審査に落ちる方」もいるのが現状であり、入居審査に落ちる方には「ある共通点」がありますが、審査に落ちる方の大半の方は「家賃滞納していた履歴」があった方ばかりです。


ではどうして過去に家賃滞納していたことが、管理会社では把握することができたのか?また管理会社が家賃滞納された方に対して、厳しい態度をとる理由などについて、お伝えしていきたいと思います。



1.家賃保証会社の普及 
家賃保証会社の普及により、債権回収が可能となりました

つい10年ぐらい前までは、入居時に「連帯保証人」を付けなければ、入居することができませんでした。ご入居者様が「家賃滞納」した場合、管理会社では「連帯保証人」に連絡をして未払い家賃を支払ってもらうようお願いすることになるのですが、ただ管理会社には「連帯保証人に対して債権回収」をすることはできません。


もし債権回収(資産を現金化する場合)する場合には、法的な手続きを踏まなければ違法行為となってしまいますので、時間と手間がかかります。さらに管理会社が裁判に勝訴しても、債権者が「返済能力」がなければ「泣き寝入り」せざるを得なくなってしまうので、トータル的に見ても、管理会社にとっては「連帯保証人」が設定されていたとしても、債権回収ができない恐れがありました。



しかし、管理会社が「家賃保証会社」を利用することによって、万が一「家賃滞納」されたとしても、家賃保証会社が「家賃分を一時的に立替」てくれるので、管理会社やオーナーさんが泣き寝入りすることはなくなりました。


さらに管理会社が家賃保証会社を利用することによって

家賃保証会社も入居審査をおこなうこと

ができるようになって、もし過去5年間の間に「滞納を繰り返した」「強制退去処分を受けていた」ことが分かった場合、その事実を管理会社に教えてくれますので、入居審査の材料となることから、近年では大手管理会社が管理している物件ではもちろんのこと、街の不動産屋さんが管理している物件でも、家賃保証会社を利用するところが増えてきています。



2.家賃滞納に対して厳しい態度をとる理由とは? 

家賃保証会社を利用している物件の場合、補償会社の方針に若干の差異はあるものの、おおむね「家賃を3か月以上滞納」された方に対しては「強制退去」に向けた手続きを開始します。


どうして強制退去といった厳しい態度を管理会社では取るのか?といいますと・・・


①家賃を連続3か月以上滞納すると、返済することが難しくなる

②滞納癖がつくと、支払わなくても大丈夫といった変な考え方が生まれる

③物件の資産価値が下がる

④賃貸借契約書にそもそも違反している


上記の理由から、家賃滞納している方には、厳しい対応を取りますが、やむを得ない理由で家賃滞納してしまった方に対しては、管理会社や家賃保証会社に連絡して頂ければ、公的貸付のご案内などをご提案することもあります。



3.家賃滞納すると、今後の部屋探しが厳しくなります

家賃保証会社は、大きく分けると3つの種類があります。


独立系:

管理会社が運営している保証会社で、信用情報を入手することができないことから、入居審査は甘いと言われています。


信用系:

一部の保証会社では業界団体を設立して、信用情報を共有していることから、団体に加盟している保証会社を利用していた方が「過去5年間に家賃滞納」していた場合、その情報を確認することができるので、入居審査は厳しいと言われています。


信販系:

各種信用情報機関から、過去の履歴を確認することができるので、家賃保証会社における審査では、一番厳しいと言われています。


特に「信用系」「信販系」の家賃保証会社を利用している管理会社では、家賃保証会社が「信用情報」を確認することができるので、もし過去5年間に家賃滞納履歴があると、すぐに審査に引っかかり、審査に厳しい管理会社では「この時点で入居を断る」こともあり得ます。


滞納履歴や強制退去などの信用情報は「5年間は掲載される」とのことですので、もし家賃滞納などをしてしまうと、今後の部屋探しが非常に難しくなるので、家賃滞納だけは絶対にやめてください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。