賃貸入居後にすぐにでも行うべきこととは?


賃貸物件入居後に「すぐにでも」行うことをしておくと、退去時にものすごく有利となります。


では賃貸入居後にすぐにでも行うこととは、一体何かというと…

室内をすべて見渡して、少しでも変だなと思うとこがあったら、すぐに証拠写真を撮ることです。

賃貸入居後、室内確認することは極めて重要なこと

賃貸物件においては、退去時に原状回復に戻す義務が、お客様には求められていますが、その際「入居中に発生した修復不可能なキズやシミ」に対しては、退去時にお客様責任となり、修繕費用の支払いか、敷金を預け入れている場合には、敷金から支払われ、残りは返金となります。


正直な所、入居中につけてしまったキズやシミを鮮明に覚えられるかというと、人の記憶には限界があり、またそのキズやシミが入居前か入居中のどちらかであることを覚えていることができる方は、はっきり言って皆無に等しいですよね。


ただ、入居前に室内写真を撮り保存しておけば、退去時にその傷が入居前か入居中どちらかであるかは、一目瞭然ですぐにわかります。また管理会社では、入居前に室内確認をして、キズなどがあった場合には、すぐに対応してクレームにつながらないように配慮していますが、ただ入居前チェックをしたとしても、中には見逃してしまったキズなどもあるのが現実。



入居前に一番確認するべき点は、室内のキズやシミですが、これ以外においても入居時に確認するべき部分とは…⁇


①換気扇はうまく作動しているか?

・換気扇が劣化してくると、異常音が発生します。異常音がしてきたら連絡すれば無償対応してくれます。


②エアコンがしっかりと作動しているか?

・入居前に担当者がエアコンがしっかり作動するかテストを行いますが、ただ一部の物件においては、退去時に行う「室内クリーニング」でエアコン洗浄が入っていないところもあります。

・エアコン洗浄が入っていないと、入居中嫌なニオイがしてくる可能性がありますので、もし嫌なニオイがしてきたら、すぐに管理会社に連絡して下さい。


③網戸が壊れていないか?

・たまに担当者が見落としてしまうのが、網戸の穴が開いていることを忘れてしまって、網戸の張替えをしていない事。もし見つけた場合には、無償対応しますのですぐに連絡して下さい。


④お湯がしっかりと出ているか?

・冬季でお部屋が空室の場合、給湯器は必ず「水抜き」をしなければならないのですが、給湯器の水抜きがされていない物件に、入居してしまうと、最悪給湯器が壊れてしまって、お湯が出ないこともあり得ます。


⑤壁紙のつなぎ目部分にクラック(線)が入っていないか?

・壁紙は横の長さが限られているので、施工時には壁紙と壁紙の間に「隙間」が出ないようにしっかりと貼付けを行いますが、ただ時間の経過と共に「粘着力」が低下しやすいこと、またお部屋の使い方がうまくないと、つなぎ目部分がくっきりと線(クラック)が入ったような現象が起こりえます。

・もしこのような現象があった場合には、すぐに管理会社に連絡して下さい。連絡してもらえれば無償で対応してくれます。またもし管理会社の方で「補修が難しい」と言われたら、クラック部分は必ず写真撮影しておいてください。

・通常退去時にクラック現象があった場合には、入居年数を確認しますが、入居年数が少なければ、入居中のお部屋の使い方に問題があったと認定されてしまい、補修費用の支払いを求められる可能性もあり得ます。



入居前に室内を確認するかしないかで、退去時大きな差が出てきますで、要確認です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#入居前 #原状回復 #賃貸借契約



閲覧数:3回0件のコメント