賃貸入居日はずらすことは可能なの?


賃貸物件に入居しようとしていた日に、急用が入ってしまって、入居ができないという事態が発生した場合、入居日をずらすことは可能かどうか、気になるところですよね。


賃貸の入居日と聞くと「引越し日」のことを指しているみたいに感じてしまいますが、厳密にいうと、入居日はずらすことは十分可能です。


では入居日をずらすためには、どのような対策を講じればいいのでしょうか?



1.賃貸借契約を先に済ませておく

賃貸借契約書の前に、初期費用の支払いが完了しているのが一般的で、初期費用の中には当月及び翌月分の家賃(前家賃と呼ばれています)も含まれているので、賃貸借契約を結ぶ日に「お部屋の鍵」を渡してもらえれば、入居日が必ず契約日当日でなくても大丈夫です。


但し契約日から家賃の支払いは事実上スタート(厳密には先払いをしている)しているので、入居する日が当分先の場合は、家賃がもったいないので、もし入居日を1か月先になる場合には、フリーレントが付いた物件に入居したほうがオトク。



2.フリーレント付き物件に入居する

フリーレントとは「家賃が一定期間無料」になるという意味で、初期費用を抑えたい方にとって、フリーレント付き物件はオトクになりますが、実は入居日をずらしたいと思っている方にとっても、フリーレント付き物件は非常にオトクになります。


共益費などの諸費用はフリーレント対象外となりますが、入居日から一定期間家賃が無料になれば、入居する日が多少伸びても「損をする」ようなことはありません。


但しフリーレント付き物件に入居する場合「短期解約違約金」という特約が設定されているケースが多く、これは管理会社が指定する期日までに解約してしまうと、違約金を支払わなければならなくなります。管理会社によって方針は異なるものの、一般的には「契約日から1年未満で退去」する場合のみ違約金がついています。




ただし、賃貸借契約日そのものを当分先にすることは、出来ません。


一般的に入居申込~入居審査~初期費用支払い~本契約まで、スムーズにいった場合約2週間ぐらいかかりますが、本契約日(賃貸借契約書にサインをする)に関して、例えば急用が入ったから数日先にしてくれというお願いなら、仲介会社も待ってくれます。

ただ本契約が当初の日から数か月後にしてくれと言われても、それはさすがに難しいので、もし入居日が当分先の場合、フリーレント付き物件に入居するか、家賃が無駄になることは承知した上で本契約を結ぶか、どちらかしか選択肢はありません。

究極の奥の手として…

管理会社や仲介会社の方針にもよりますが、一般的には「賃貸借契約書」にサインをする前ならお部屋をキャンセルすることは可能であり、契約前に支払った初期費用も返金されますので、一度キャンセルしたうえで、数か月後にもう一度契約をし直すという手もあります。


ただし、一度キャンセルしたお部屋は「再募集」しますので、違う方が借りられる場合も出てきます。また仮にその部屋が空いていたとしても、再度入居申込から行う必要がありますが、ただもし再度同じ部屋に入居したい場合には、特段の理由がないと、入居審査に悪影響を及ぼしてしまうこともあり得ますので、出来ることならば避けた方が無難です。


賃貸の入居日に関しては、賃貸借契約を結ぶことにより、家賃が発生していますので、入居日が必ずしも契約日でなければならないというわけではありません。ただし賃貸借契約日を延長することはできませんので、注意が必要です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#入居日 #契約日 #賃貸借契約



0回の閲覧0件のコメント