賃貸入居時、エアコンクリーニングされているか、要確認。


物件を契約されたお客様が入居される前(正式には賃貸借契約が結ばれる前)に、管理会社では「室内クリーニング」を実施しています。


室内クリーニングとは、お部屋を借りられる方が「気持ちよく使っていただく」ために、室内のフローリングや水回り関連部分の清掃を行うもので、大手管理会社物件においては、必ず行われているので、入居後に「客観的に明らかに汚れている」ということはまずありません。


ただ、管理会社によっては「室内クリーニング」に『エアコン洗浄が含まれていない場合』があります。

どうして室内クリーニングにおいて「エアコン洗浄」が行われていない物件や管理会社があるのかというと、答えは簡単です。管理会社などが室内クリーニングに「エアコン洗浄」を外しているからです。



室内クリーニング費用に関しては、「賃貸借契約時」の特約として「退去時に室内クリーニング費用を支払う」ことになっています。

これに対して入居される方も同意しているので、退去時に室内クリーニング費用を支払いますが、ここで問題なのが、実際に清掃業務を行うのは、管理会社の協力会社さん達であり、協力会社さんは「管理会社からもらうクリーニング費用」の金額に応じて、清掃業務を行うことから、室内クリーニング費用をしっかり貰っているところでは「エアコン洗浄」は行いますが、あまり貰っていない協力会社さんでは、エアコン洗浄はクリーニングの対象外にしている所もあります。



もしエアコン洗浄がされていないと、どうなるのか?

エアコン洗浄が「全くされていない」と、当然ながらエアコンを使用した時に「かび臭い風」となるので、正直クレームを言いたくなるような場合も出てきます。また掃除がされていないということは、フィルター内にも「汚れ」が付着している可能性があるので、ランニングコストが高くなる恐れも出ています。


ただ、エアコン洗浄がされていないことに対して「クレーム」を言ったところで、原則として「故障」「設備不良」ではないので対応してくれない可能性がありますが、もしエアコン洗浄をしないまま使用し、健康被害に合った場合には対応することがあると思われます。


エアコン洗浄しない物件というのは、恐らく大手管理会社では「まずありえない」話だと思われます。





エアコン洗浄に関しては、室内クリーニングで行われている物件と行われていない物件がありますので、もし気になる方は「契約前」に確認されることをおススメします。


なお当物件においては、室内クリーニング費用の中に「エアコン洗浄」は入っています。現在リノベーション中の部屋に関しても、しっかりとエアコン洗浄していますので、ご安心ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。




閲覧数:8回0件のコメント