賃貸和室部屋もアリといえる部屋。山梨おしゃれ賃貸、グレイスロイヤル。


最近の新築賃貸市場においては、室内の洋風化が進んでいることから、ファミリータイプ物件において「和室部屋」はまずありません。


和室部屋は、若い世代から人気があまりなく「古い賃貸物件の象徴」的な雰囲気を醸し出してしまうことから、和室部屋があった賃貸物件では、近年急速に「洋室化」となっています。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、1993年築ということもあり、和室部屋は標準装備になっていますが、あえて和室部屋を残していますが、お部屋にご入居されたお客様からは「高い評価」を頂いております。どうしてでしょうか?



1.和室のイメージを脱却したおしゃれな和室


和モダン空間が魅力的な琉球畳

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの和室部屋は、おしゃれすぎる
和モダン空間が魅力的

和室部屋に敷いてある畳というと「長方形で縁が入っている緑色のもの」というイメージが強いですが、確かに今までの賃貸物件で設置されている畳は「長方形で縁が入っている」ものが非常に多かったのですが、当物件に設置している畳は、琉球畳と呼ばれる「正方形で縁がない」もの。


琉球畳のメリットはズバリ「市松模様」が楽しめるところ。

畳を交互に置く事によって「市松模様」が姿を現しますが、一見見ると「2色の畳」を使用していると思われますが、実は畳は全て1色しか使用していません。琉球畳を敷く事で「堅苦しい和室」から「モダン空間が魅力的な和室」になりますので、とってもおしゃれですよね。


実は完全オーダーメイド

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの琉球畳は実は完全オーダーメイド
実は完全オーダーメイドの畳です。

当物件の和室部屋は6帖となっていますので、6帖分の畳を準備すればいいという問題ではありません。


6帖の和室部屋といっても、部屋ごとによって「数ミリ単位で誤差が発生」しているので、当物件に設置する琉球畳は、部屋に合わせておかなければならないことから「完全オーダーメイド」となっています。



ダニが発生しにくい

山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルの和室部屋の畳(琉球畳)はダニが発生しにくい

畳は「ダニが発生しやすい」と言われていますが、確かにダニは室内環境が「温度が20~30度前後」「湿度60%程度」になると、活発に動いてしまいますが、通常のお部屋ならば今の時期なら簡単に、ダニが発生する条件が揃ってしまいます。


ただ当物件で採用している琉球畳は、「和紙」で作られていることから、ダニが発生することは多くなく、また上級グレードの部屋においては「漆喰」を施工していることから、室内が多湿傾向にはなりにくいので、小さなお子さんがいるご家庭でも、安心してお使いいただけます。





2.様々な使い方ができる


子どもたちの遊び部屋

足音を出してしまうお子さんがいても畳がクッション代わりになるので、生活音を軽減できます

賃貸物件でお子さんと一緒に生活されている方にとって、お子さんが大きくなると、部屋の中をつい走り回ってしまうことによって、クレームになるケースが多いのですが、ただ和室部屋があることによって、畳がクッション代わりとなることから、足音が階下に響きにくくなるので、生活音対策としても有効的となります。



ベビーベッドの代用

畳をベビーベッドの代わりとしても使うことができます

お子さんが1歳ぐらいになるまで「ベビーベッド」を活用される方が多いと思いますが、ただ賃貸でベビーベッドを室内に設置すると、どうしても部屋が狭くなってしまいますし、またベッドの管理をしっかりしていないと「転落」してしまう可能性もありますが、実は和室部屋があることによって、ベビーベッドの代用としてお使いいただく事が可能となります。


畳の上で赤ちゃんを寝かしつけるメリットは、ズバリ転落事故を防げること。

消費者庁の調べによると、平成27年1月~令和2年9月末までに発生した6歳以下の子どもとの「ベッドからの転落事故」は総数912件の内、大人用ベッドからの転落とみられるのは722件、ベビーベッドからの転落は139件などとなっています。


パーセンテージにすると、ベビーベッドからの転落は約15%と、数的にはそれほど多くはないものの、賃貸や戸建て住宅においては「洋室化」が進んでいることから、打ちどころが悪ければ大けがをしてしまうリスクもあります。


しかし畳の上ならば100%転落することがないので、安心ですよね。



3.琉球畳ならば、退去時表替えの必要性がない

琉球畳は原則として表替えは不要となることから、退去時に費用が発生することはありません

賃貸物件において「和室離れ」が加速した理由の一つに、退去時の表替え費用が必然的に発生することが挙げられます。


通常の畳は「日焼けがしやすい」ことから、どんなにきれいに使用していたとしても、退去時には「表替え」をしなくてはならなくなり、その費用は全額ご入居者様が支払うことになっています。


しかし、琉球畳の場合は「日焼けがしにくい」ことから「退去時に表替えの必要性」がなく、通常使用ならばまず退去時に精算するようなことにはなりません。ただし故意に破損や汚損させてしまった場合は、当然ながら修繕費用は発生します。



賃貸で和室部屋があると「古臭い」「退去費用がかかりそう」というイメージが強くなってしまいますが、当物件のリノベーション部屋においては「おしゃれな琉球畳を導入」「ダニが発生しにくい」「退去時に表替え費用は原則発生しない」ことから、和室に抵抗がある方でも、安心してお使いいただけるはずです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。