賃貸屋根裏から変な物音が聞こえる。どうしたらいいの?


賃貸物件における入居者様からの相談は、主に「騒音」「設備不良」が大多数を占めるのですが、ごく稀れに「動物に関する」相談を受けることがあります。


賃貸屋根裏から変な物音が聞こえる。どうしたらいいの?

これは当物件でも実際にあった出来事ですが、寝静まっている時に「上階にご入居」されているご入居者様から「天井付近で何か物音がしていて怖い」といった相談を受けたことがあり、担当者が屋根裏を確認したところ「コウモリ」が数羽いることがわかり、その報告を受けて「どうやって屋根裏に侵入したのか?」とてもビックリした経験があります。


賃貸物件の軒天部分に、通気口が設けられている所があります。

通気口が設けられていることによって、屋根裏の熱を放出させる役割を担っているのですが、ただ賃貸物件によっては「通気口に小動物が入らないように対策」を施していない所があり、もし何も対策がしていない物件では、わずかな隙間があっても、簡単に動物などが侵入してきてしまいます。


当物件で実際に屋根裏にコウモリが入ってしまった事例においても、軒天の通気口対策が「全くされていなかった」ので、お客様には嫌な思いをさせてしまいました。



もし、屋根裏に動物などがいる場合、駆除してもらえるのか?

もし屋根裏から、変な物音がしてきた場合には、すぐに管理会社に連絡して下さい。


屋根裏を点検した結果、小動物などがいた場合には、当然駆除した上で、屋根裏から動物などが侵入しないように対策を施すことになりますが、この費用は当然ではありますが「オーナーさんが負担」するものとなりますので、ご安心ください。



閲覧数:18回0件のコメント