賃貸探しの際、家賃設定は慎重に。


これから賃貸物件探しをされる方にとって、非常に重要になるのは、やはり毎月必ず支払わなければならない「家賃」ではないでしょうか?

1か月間の生活費の中で、最も支払額が多いのは家賃などの住居費。住居費の支払額が手取り家賃の30%以上を超えてしまうと、生活するのがきつくなると言われています。


ただ家賃を手取り家賃の30%以下に抑えていれば大丈夫かというと、そういうわけでもありません。ファミリー向け賃貸の場合にご入居されているお客様の場合、奥様がおめでたになると、当然産休・育児休暇をとることになります。


今まではご夫婦で共働きをしていたので、家賃支払いがそれほど大変ではなかったのに、妊娠・出産することにより、収入減少・養育費増加になってしまうので、ある意味においてはご主人の収入だけで家賃が支払うことができないと、現在ご入居中のお部屋では生活することが難しくなってしまいます。


ただできることならば、収入が多少減少したとしても、家賃が安い物件に住替えるということは避けたいのが現実。家賃が現在より2万円以上安い物件ならば「住み替えた」ほうがおとくになるばあいもありますが、ただ今住んでいるアパートが「新築」なら「リノベーション物件」という選択があります。しかし今住んでいるアパートは、築年数がそこそこ経過した物件ならば、家賃が安い物件にしか住めなくなってしまいます。



ファミリー向け賃貸物件に初めてご入居される場合、どのような物件に入居されるとオトクになるのか?


①フリーレント付き物件


フリーレントとは「家賃が一定期間無料」になるもので、フリーレントがついている物件に入居すると、前家賃分が無料なることから、初期費用が軽減できます。入居時には新生活に必要な家具や家電を購入しなければならないので、少しでも節約させたいと考えている方は、フリーレント付き物件がおススメです。


ただし、フリーレントがついている物件にご入居される場合、短期で解約すると違約金を支払わなければならないので、注意が必要です。



②新築→リノベーション賃貸


これから同棲を始めようと思っている方や、結婚して初めて夫婦で暮らす方にとっては、新築物件で新生活を始めたいと考えている方は多いと思います。


ただ新築物件は家賃はエリア内で高額設定になっているのはもちろんのこと、初期費用も家賃5~6か月分を用意しなければなりません。


一方リノベーション賃貸は、室内空間は新築とほぼ同じであるのに、家賃が新築と比べて数万円安くなっているので、新築物件の家賃を支払える能力がある方が、リノベーション賃貸に入居する事により、毎月数万円貯蓄することができるので、とってもオトク。また初期費用に関しても、新築より安くなっている場合があるので、築年数をあまり気にされない方は、リノベーション賃貸は絶対におススメ!



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#ファミリー向け賃貸 #家賃 #賃貸

4回の閲覧0件のコメント