賃貸更新契約時の更新料。支払い拒否できる?


こんにちは。


一般的な賃貸物件では、2年に1度更新するかしないかの判断をしなければなりません。

基本的に住み続ける場合には「更新手続き」をする必要があり、その際には「更新料」を管理会社に支払わないといけない物件が多いです。


更新料の金額について、グレイスロイヤルがある山梨県の場合、家賃1か月としている物件が多く、更新料がかからない物件はそれほど多くはありません。

(ただし地域によっては更新料そのものがない所があります。)




お部屋に住まわれている方にとっては、更新料を支払うことに抵抗を感じる人も多いと思いますが、更新料支払いに関しては「賃貸借契約書」の中で、更新する場合には「更新料を支払う」ことに同意をしてる以上、更新料の支払いを拒否することは難しく、拒否をすることになれば、その時点で契約が自動的に消滅してしまう可能性が高くなります。


賃貸に住み続けることに関しては異存はないものの、どうしても更新料を支払いたくはない方は、更新料の支払いがない物件もあるにはありますが…


●更新のタイミングで「家賃値上げ」を請求される

●更新料無料の代わりに、更新料分を毎月の家賃に月割りで加算

される物件があります。



更新料は一部の地域を除いて、基本的にあるものと認識したほうがよさそうですし、お部屋に住み続ける方にとっては不本意かもしれませんが、更新料は「必要経費」という考えを持たれたほうがいいのかもしれませんね。



少しでも参考になれば、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#更新料 #賃貸借契約