賃貸更新時に「家賃値上げ」を要求された場合、拒否することはできるの?


賃貸借契約の期限は2年となっているため、もしこのまま住み続ける場合には、更新手続きを行わなければなりません。

原則的に、借主及び借主双方が「現状の家賃設定」で何もなければ、そのままの条件で契約となりますが、ただもし貸主であるオーナーさんが「更新を機に家賃を値上げしたい」と申し出た場合、どのような対応をとればいいのか、わからなくなってしまいますよね?

一般的には、借主が家賃減額を要求することはありますが、貸主が家賃を値上げすることは、あまり例がない事。では、もしオーナーさんから値上げを要求された場合には、受け入れなければならないのでしょうか?

 

目 次

1.契約上は家賃値上げ請求は認められている

2.貸主からの請求は受け入れなくてもOK

3.値上げを無視しても法定更新はされる

4.まとめ

 

1.契約上は家賃値上げ請求は認められている

契約上は家賃値上げ請求は認められている

賃貸借契約上、貸主であるオーナーさんが「更新のタイミングで家賃改定」(この場合は家賃値上げが殆どですが)を借主に要求することは認められています。


契約上において、家賃を値上げ(値下げ)を要求するきっかけとしては

・経済事情の変動

・公租公課(固定資産税・都市計画税が対象)

・管理費

・その他負担金の増加

・近隣住宅などの賃料変動

・法令の改正など

があった場合には、家賃を値上げ/値下げすること相手方に要求(お願い)することができます。


また借地借家法32条にも同様のことが明記されています。

 

建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の借賃の額の増減を請求することができる。ただし、一定の期間建物の借賃を増額しない旨の特約がある場合には、その定めに従う

 

貸主側が家賃を値上げしたいと思う場合、想定される理由としては「地価高騰によって、固定資産税が上昇した」「外壁塗装工事が高額なってしまい、現状の家賃では対応できなくなった」「近隣相場が上昇しててしまい、賃料が不相応となってしまった」などが挙げられます。

2.貸主からの請求は受け入れなくてもOK

貸主からの請求は受け入れなくてもOK

家賃値上げ請求を貸主から受けたとしても、賃料を改定する場合には「借主・貸主双方の同意」が必ず必要となるため、仮に借主であるお客様が「断る」と一言言ってしまえば、この話はここまでとなります。


またこれを断ったとして「賃貸借契約を解除」になることはありませんので、ご安心ください。

3.値上げを無視しても法定更新はされる

値上げを無視しても法定更新はされる

家賃値上げ請求に対して、拒否した結果「賃貸借契約の更新ができなくなってしまった」場合、焦ってしまいますが、ご安心ください。


借地借家法によって、賃貸借契約が満了していたとしても、借主がそのまま住み続け「家賃を支払っている」場合には、自動的に更新されたものと認められる(法定更新に移行された)ので、現状の契約が生きていることになります。


つまり「今まで通りの家賃を支払えばいい」ことになります。


なお、法定更新をされた場合「それ以降は期限のない賃貸契約」となりますので、更新料の支払いはなくなりますが、ただし契約書に「法定更新をした場合」で「その更新時及び更新後2年ごとに、更新料を支払わなければならない」といった記載があると、更新料の支払い義務が生じてくるので、更新料は必ず支払わなければならなくなります。



4.まとめ


一般的に借主が家賃値上げ請求をしてくることは、そうそうありません。 もしあり得るとしたら、固定資産税が急激に上昇した場合ぐらいのみですが、ただ家賃値上げを確定するためには、借主貸主双方の同意が必要となってくることから、もし納得ができなければ「断ること」ができ、また借主が断ってしまうと、これ以上の要求するのはかえってマイナスになると、オーナーさんも考えますので、この問題が長期化になることはまずないと思われます。



閲覧数:31回0件のコメント