賃貸洗面台の水撥ね、何とかしたいならばグレイスロイヤルのリノベ部屋。


賃貸にある洗面台は、メーカー既製品を導入しているケースが多いこともあり、洗面ボウルの底が浅めになっているので、どうしても水撥ねしてしまいます。


特に、朝顔を洗う時や、手洗い洗濯をする時、またお子さんの上履きなどを洗う時などは、洗面ボウルを利用されると思いますが、水を張ってしまうとどうしても「水撥ね」がしやすくなり、最悪顔や洋服に水が掛かってしまうこともあるので、出来ることならば、もっと洗面ボウルが深い洗面台を置いてほしいと、思ってしまいますよね。


ご安心ください。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、築年数が経過していることもあり、2018年以降からは空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、一部のリノベーション部屋においては、洗面台は既製品ではなくオリジナルのものを導入しているので、もう洗面台で水撥ねすることも圧倒的に少なくなりますので、掃除がとてもラクになります。


山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋に設置されているおしゃれなナチュラル洗面台
当物件リノベ部屋に設置されている洗面台。

現在募集中のS101号室の洗面台は、当物件完全オリジナルとなっています。


こちらは既製品ではなく、家具屋さん達が特別に作ってもらったもので、オーダーメイドとなっています。無垢材を使用しているので、温かみがあるおしゃれな洗面台となっていることから、毎日の身支度の時間が、とても楽しくなることは間違いなさそう。



山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベ部屋に設置されているおしゃれなナチュラル洗面台
洗面ボウルが深いので、水撥ねがしにくくいのが特徴

また洗面ボウルに関しては、病院で使用されている業務用のものを導入しています。

病院で使用されている洗面ボウルは、底が深いのが最大の特徴であることから、通常の洗面台と比べると、容量的にも多くなることから、水を張った状態でも、水撥ねなどがしにくくなることから、掃除がとてもラクになります。


実際に、こちらの洗面台を導入している部屋にお住いのご入居者様に、洗面台の使い勝手を聞いてみても「水撥ねがしにくいので掃除がラク」「洗面台がおしゃれだから身支度をしている時楽しくなる」など嬉しいお言葉を多数頂戴しています。


オリジナルの洗面台が賃貸で導入されているのは、全国的に見ても当物件ぐらいしかないので、お友達にもつい自慢したくなりますよね!


お部屋選びの際、参考にして頂けると幸いです。