賃貸浴室などの電球が切れてしまった場合、誰が交換するの?


賃貸物件における照明に関しては、物件ごとで違いはありますが、室内空間が広い部屋(例えばLDKや洋室)は、照明が最初から設定されていない所が多いのですが、逆に玄関エントランスやトイレ、脱衣所、浴室などに関しては、すでに照明器具が設置されていることから、入居初日から使用することが可能です。



最近の電球はLEDに切り替わっていることから、LED照明にした場合、そう簡単に電気が切れることはありません。ただ電球にも寿命は必ずありますので、もしかすると入居中に切れてしまう可能性も出てきます。


もし電球が切れてしまった場合、賃貸物件ではどのような対応になるのでしょうか?



原則的には、貸主が対応することになりますが、賃貸借契約書において「特約事項」がある場合は、注意が必要です。


賃貸借契約上、電球交換費用は借主負担となる可能性が高くなります

賃貸物件を所有している貸主=オーナーさんには、修繕義務が発生します。

これは、経年劣化などで発生した「建物設備など」が故障や不具合を起こした場合には、オーナーさんが費用を出して修理を行わなければなりません。


今回の「浴室などの電球が切れてしまった」場合も、借主責任ではないことから、一見するとオーナーさんが費用を出して「電球交換」をしなければならないことになりますが、ただし賃貸借契約書において「特約事項」が記載されている場合は、注意が必要です。


特約事項に『「照明器具についている電球や蛍光灯」などが切れてしまった場合には、借主負担で交換して下さい』とあった場合には、借主の方で対応しなければならず、また交換にかかった費用に関しては、オーナーさんに請求することはできません。



ただし、入居前(引っ越し時)に「電球が切れていた」「スイッチを押しても電球がつかない」場合は、管理会社に連絡してもらえば、無償対応してくれる可能性が高いので、もしこのような状況になった場合には、管理会社までご相談ください。


閲覧数:243回0件のコメント