賃貸浴室のシャワーが壊れた!この場合修理費用は誰になるの?


賃貸物件における原状回復負担に関しては、明確な基準が設けられています。


原則的に、入居期間中における「自然損耗」「経年劣化」によっては発生したもの(例えば壁紙の日焼け)に関しては『オーナーさん負担』となり、一方「故意過失による破損や汚損」に関しては『借主:ご入居者様』となります。


賃貸物件に設置されている設備(エアコン、換気扇など)は、消耗品であることから、どうしても年数が経過してしまうと、部品が劣化しやすいことから、設備不良を起こしてしまいがちになります。この場合も、通常使用の範囲内であることから「オーナーさん負担」で対応することになりますが、では「浴室のシャワーが壊れた」場合、原状回復費用は誰が持つのでしょうか?


賃貸浴室のシャワーが壊れた!この場合修理費用は誰になるの?

原因がどこにあるのかによって、負担者が異なる

通常の範囲内において、シャワーが壊れることは、あまり考えにくいのですが、ただ壊れた場合「その原因がどこにあるのか」によって、修理負担が誰になるのか、異なってきます。

万が一、壊れてしまった時/調子がおかしいなと思った時には、すぐに管理会社までご連絡下さい。


シャワーホースが避けてしまった場合は、劣化が考えられます

シャワーホースが避けてしまうことは「あり得る」ことであり、もし避けてしまった場合は「経年劣化による」ものと推測できますので、この場合の修理費用は「オーナーさん」となります。


シャワー本体を落としてしまった場合には、借主負担となります

一方、シャワー本体を「間違って」落としてしまい、その結果「シャワーが使えなくなってしまった」時には、故意ではないものの「加湿によって破損」させてしまったので、交換費用は借主負担となります。


また、賃貸借契約書において、設備交換などをする際には、原則としてオーナーさんがしている業者さんに依頼することになっていますので、ご自身での対応はできません。



閲覧数:115回0件のコメント