top of page

賃貸浴室コーキングにカビが発生!退去時どうなるの?


賃貸物件の浴室には、基本的に「窓」が設置されていないことから、換気をする場合は「浴室換気扇」を頼らざるを得ません。


浴室換気をする場合は、浴室換気扇を常時つけっぱなしにするしか方法はなく、これをすることによって、浴室内に発生しやすいカビを予防することができます。


ただ、ご入居者様の中には「浴室換気扇をつけっぱなしにすると、電気代がもったいない」という理由で、お風呂から出た後「浴室換気扇を付けていない状態で、浴室ドアを閉めてしまう」方もいるのではないでしょうか?


もしこのような使い方をしていると「カビが発生してしまう要件を満たしてしまう」ことから、浴室内にカビが生えてしまうのは時間の問題。


特に一番厄介なのは、浴室内に施工されているコーキング(ゴムパッキン)に、カビが発生してしまうと、カビが取りにくくなってしまうのですが、もしコーキングにカビが付着してしい、カビが取れなくなってしまった場合には、退去時の原状回復費用は、借主が支払わなければならないのでしょうか?



費用負担のカギを握るのは、入居時

退去時に浴室内のコーキングにカビが付着していた場合、原状回復費用が借主負担になるかどうかに関しては、入居される時浴室がどのような状態になっていたかによって、負担が誰になるのかが分かれてきます。


入居前に浴室コーキングを打ち直していた場合で、退去時にカビが付着していた場合には、善管注意義務違反に該当してしまうので、借主負担となる可能性が出てきます。


ただ入居時に「コーキングの打ち直しがない」状態で貸し出しを行っていた場合、コーキング内部にカビが付着している可能性も、否定することができないことから、使用状態や入居歴にもよりますが、場合によっては借主負担にならない可能性の方が高いと思います。



短期入居でカビが付着した場合、要注意

管理会社物件で実際に合った事例なのですが、こちらの部屋は約2年ご入居されていましたが、コーキングの部分が一部黒カビが付着しています。


通常使用(浴室換気扇をつけっぱなしで、浴室ドアを閉める)で、2年入居でこのような黒カビが発生することは、殆どないと言っても過言ではなく、恐らくではありますが、浴室換気が不徹底が最大の原因であることは間違いありません。



余談ですが、こちらのお部屋にご入居されたお客様には、コーキング打ち直し費用をもらったとのことです。


ただし、もしこのようなカビが付着していた場合で、入居履歴が6年を超えていた場合には、このカビはコーキングそのものが劣化してきたことによって、発生したものとみなすこともできるので、もし長期入居で発生してしまったコーキングのカビに関しては、借主負担にはならない可能性が出ています。



浴室換気扇を常時つけっぱなしにするのは、電気代が発生するから嫌と考えている方もいると思いますが、ただ浴室換気扇は「消費電力」は少なめとなっていて、1か月つけっぱなしの状態にしていたとしても、月の電気代は400円ぐらいと、家計を圧迫させるような電気代とは言えないと思われます。



閲覧数:514回0件のコメント
bottom of page