賃貸照明をLED電球に変えるのはOKなの?


賃貸物件における照明に関しては、原則として「お客様の方で手配」していただく事となっています。最近の新築賃貸物件では、ダウンライト照明などが設置されているケースが多いものの、ただこのような部屋は正直少ないのが現実。


ただし玄関エントランス、トイレ、洗面脱衣所、浴室に関しては「電球タイプの照明」が設置されているので、こちらに関しては「前入居者様」が使用していた照明を、そのままお使いいただくことができることから、原則として入居時に「お客様の方で手配」する必要性はありませんが、ただお部屋によっては「白熱電球」をそのまま使用している可能性があるので、電気代のことを考えると「LED電球に交換」した方がオトクであることは間違いありません。


賃貸に備え付けられている電球はLED交換しても大丈夫です

電球を交換すると言っても、設備に該当することは間違いないため、交換するたびに管理会社にいちいち連絡するのは、手間がかかるのではと考えていませんか?


ご安心ください。


賃貸物件において「備え付けられている電球」に関して、もし切れてしまった場合には「お客様の方で交換」していただく事になるので、管理会社への連絡は不要となります。


LED電球に交換することによって、使用状況にもよりますが、おおよそ10年位は交換の必要性が無くなることから、電球交換の手間が一気に無くなる+電気代抑えることが可能になりますので、長い目で見た場合には「家計にとっては魅力的」となります。




閲覧数:5回0件のコメント