賃貸物件の壁紙を交換したい!勝手に交換をしても大丈夫?


こんにちは。


賃貸物件に貼られている壁紙は、一部の部屋を除いてはお客様が選ぶことはできません。

契約前は、それほど気にならなかった壁紙が、時間の経過と共にどうしても気になってしまい、一部のお客様の中には、部屋の壁紙を交換したいと思っている方は、ある程度いるはずですよね。


賃貸の壁紙は勝手に変えるのはNG

壁紙を交換したいと思った時、必ず管理会社に確認をした上で行ってください。


というのも、多くの賃貸物件では(DIY可能物件以外)オーナーさんの許可なしでお客様が勝手に壁紙や床の張替えをすることを禁止しているからです。


賃貸借契約において修繕を行う場合、オーナーさんが指定する工事会社以外での修繕は認めていないケースの方が多いので、万が一オーナーさんが許可を出したとしても、自分達で勝手に壁紙交換をすることは、場合によっては賃貸借契約違反になる可能性があります。


また、退去時には「原状回復義務」が発生するので、壁紙をお客様好みのものにしても、退去時には入居時と同じ状態に戻さなければならないので、壁紙を交換した部分に関しては、原状回復費用を支払わないといけない可能性が出てきます。




賃貸物件/管理会社によっては、壁紙交換が認めていない所もありますが、もしどうしても部屋の雰囲気を変えたくて壁紙を一新したいと考えている方は、壁を傷つけることなくきれいに剥がすことが可能な「インテリア用のマスキングテープを利用されてみていはいかがですか?


マスキングテープは、もともとは「剥がすことを目的」としたもので粘着力が弱いのが特徴ですが、最近ではインテリア用のマスキングテープが販売されていて、見た目的にはほぼ壁紙と変わりはありません。またインテリア用のマスキングテープは、賃貸でも活用事例があり、退去時にマスキングテープをはがしてもトラブルが起きたということはないので、思う存分模様替えをすることが可能になりますね。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#マスキングテープ #模様替え