賃貸設備を破損させてしまった!どうすればいいの?


賃貸物件の設備の所有者は、物件を所有しているオーナーさんになりますので、万が一借主が設備を破損させてしまった場合、借主負担となってしまいます。


基本的に軽微な破損(お子さんが壁紙にいたずら書きをしてしまったなど)に関しては、退去時に精算することが可能ですが、重度な破損に関しては、すぐに管理会社やオーナーさんに連絡しないと、最悪修繕費用が高額になってしまいます。


では、今すぐにでも連絡しなければならないケースとは、どのようなものがあるのでしょうか?

賃貸設備を破損させてしまった場合は、すぐに管理会社に連絡

今すぐにでも連絡しなければならない事とは?

今すぐにでも連絡をしなければならないケースとは、このままの状態が続くと、日常生活に支障をきたす/もしくは被害が発生する場合のことを指します。もしこれを無視し続けていると、たとえ借主責任ではないとしても「賃貸借契約上における善管注意義務違反」に問われる可能性が出てきます。


~具体例~

・排水がうまくいかず、水が逆流してきた。

・上階から漏水が発生し、壁紙や家具などが濡れてしまった。

・トイレ使用後、水がなかなか止まらなくなった。

・洗面台のシャワーホースが破損し、水が止まらなくなった。

・備付エアコンが急に故障してしまい、水漏れが発生してきた。


大手管理会社では24時間管理をしています

万が一、設備に不具合があった場合は、すぐに管理会社に連絡してください。

大手管理会社及び一部の管理会社においては、管理会社の営業時間外に発生したトラブルに対応すべく、24時間管理体制をとっています。緊急性が高いものに対しては、担当者が至急対応して適切な処置を行いますので、ご安心ください。



場合によっては、家財保険で対応できる可能性

故意過失によって、階下の部屋に漏水させてしまった場合や、自然災害によって家財に被害が発生した場合、または盗難などがあった場合には、契約時に加入している「家財保険」によって保険金が支給される可能性があります。家財保険は、契約時に必ず加入して頂く事になっていますが、管理会社がわかった場合、以前の管理会社においては「家財保険未加入」だった方もごくまれにいます。


これは実際に合った事例ですが、ご入居者様の過失によって、漏水事故が発生してしまい。階下の部屋の家財に被害が発生してしまいました。通常ならば、家財保険を申請すれば、保険金で補償することが可能となりますが、ただこの方は、家財保険未加入状態となっていたので、全額自己負担で修繕費を支払わなくてはならなくなったとのことです。


どうしてこのようなケースが生まれたのかというと、この方がご入居されていた物件は、数か月前に管理会社が交代されていて、前の管理会社においては、入居時に「家財保険に加入」していなかったとのこと。家財保険は、契約時以外でも加入することができますので、もし現在家財保険に加入されていない方は、至急加入されることをおススメします。




閲覧数:1回0件のコメント