賃貸駐車場を借りる場合、注意すべき点とは?


地方都市では、車社会となっていることから、賃貸物件を借りられるとき、駐車場も併せて借りられるのが一般的です。


賃貸で駐車場を借りられる場合、物件によって「対応」が異なっていることが多く、またマナーを守らないとクレームにつながりやすくなるため、借りられる際には十分注意が必要です。


 

目 次

1.物件によって、設定が大きく異なる

2.洗車やタイヤ交換はしてもいいの?

3.駐車区画でバーベキューは厳禁

4.駐車区画を勝手に又貸しすることは厳禁

5.まとめ

 

1.物件によって、設定が大きく異なる

物件によって、設定が大きく異なる

賃貸物件の敷地内にある駐車場を借りられる場合、物件によって料金などの設定が、全く異なっているので、借りられる際には注意が必要です。


(1)1台目から有料かどうか?

賃貸物件の駐車場に関しては、原則として1台~2台は借りられますが、ただエリアや物件によって、対応はまちまちとなっています。さらに駐車料金についても「1台目は無料で2台借りる際には有料」もしくは「1台目から有料」があるので、賃貸物件を借りられる際には、その点は十分注意が必要です。


また物件が主要駅近くにある場合と、郊外にある場合とでは、駐車料金が倍以上になっていることも珍しくはありません。


(2)駐車区画は自分では選べない

賃貸で駐車場を借りる時、可能であるならば「お部屋のすぐ近く」にあれば、移動距離が短くなるので、楽になりますが、賃貸の場合においては、管理会社が駐車区画を指定してくるので、ご入居者様は選ぶことができません。なお、2台借りられる場合においては、1台目は「可能な限りお部屋に一番近いところ」を指定してくるので、その点は安心して頂ければと思います。


(3)来客用駐車場は、ないのが普通

地方都市においては、車移動が当たり前となることから、お友達やご両親が物件に遊びに来る時は、車を利用されるのが一般的。ただ賃貸物件では「来客用駐車場が併設されていない」物件が多いため、もしお友達やご両親が物件に遊びに来るときには、近隣のコインパーキングを利用するしか方法はありません。


ただ、エリアによってはコインパーキングもないところがあるため、この様な場合は、ダメもとで管理会社に相談すれば、もしかしたら「空き駐車場を貸してくれる」こともありますが、対応している物件は少ないと思われます。



2.洗車やタイヤ交換はしてもいいの?

洗車やタイヤ交換はしてもいいの?

賃貸物件において「洗車をしたい」時、駐車区画内で「お部屋の水をバケツなどに入れて」行うぐらいならば、許容範囲内と思う方もいると思います。ただ現実としては、グレー的な部分があるため、あまりおススメはしていません。


どうしてかというと、たとえ駐車区画内であったとしても、洗車をする際には「ある程度の水」を使用するため、駐車区画外にまで水が飛んでしまうと、他の方の車に水がついてしまい、トラブルになる可能性が高いからです。


またタイヤ交換に関しても、同様のことが言えますので、もし洗車をしたい場合には、ガソリンスタンド内にある洗車機を利用されたほうが無難です。



3.駐車区画でバーベキューは厳禁

駐車区画でBBQは厳禁

コロナ禍の今、不要不急の外出は控えなければなりません。

それならば、賃貸の駐車場(自分達が借りている駐車場)で、気分転換を兼ねてバーベキューをしてもいいのではという発想が生まれると思いますが、賃貸物件の駐車場を含む敷地内において、火気を使用することは「賃貸借契約において禁止」「ニオイが充満」することから、近隣迷惑になる可能性が極めて高くなるので、敷地内においてはバーベキューは、絶対にしてはいけません。



4.駐車区画を勝手に又貸しすることは厳禁

駐車区画を勝手に又貸しすることは厳禁

賃貸物件では、転貸行為(契約者以外の方に貸し出す)ことは契約上不可能であり、さらに民法上においても厳禁となっていますが、これは駐車場においても同様です。


契約している駐車区画を、第三者に貸し出す行為は、賃貸借契約書において「禁止行為」となっているため、絶対に第三者に貸し出してはいけません。万が一、第三者に駐車区画を貸し出した場合において、物損事故を起こしてしまうと、管理会社では一切の対応は致しませんし、さらに場合によっては「駐車場における賃貸借契約を解除」されることもあり得ますので、絶対に第三者に貸し出してはいけません。



5.まとめ

賃貸の駐車場に関しては、ご入居者様が利用されることもあるので、制限がどうしてもついてしまい、また車の停め方によっては「トラブル」に発展することもあり得ます。


もしトラブルになってしまった/車の停め方を改善してほしい場合においては、ご自身で対応せずに、管理会社までご相談ください。



閲覧数:9回0件のコメント