赤ちゃんに優しい賃貸。ホルムアルデヒド対策してくれる漆喰部屋。


ファミリー向け賃貸物件にご入居中もしくは、現在お部屋探しをされている方の中には、現在小さなお子さんがいる方も多いと思います。

お子さんが小さいうちは、一日の大半をお部屋で過ごされる場合が多いのですが、ただ賃貸でも戸建て住宅においても言える話にはなりますが、我々が何気なく使用している家具や内装などには、化学物質(ホルムアルデヒド)が使用されている場合があります。


現在では企業側も化学物質をできる限り使用しないように気を付けているものの、現実的には化学物質を使用している家具などがあるので、特に小さいお子さんがいる家庭においては、シックハウス症候群に気を付けなければなりません。


シックハウス症候群を予防するためには、定期的な換気が有効とされています。


ただ換気だけでは、シックハウス症候群の原因になっている「ホルムアルデヒド」を減らすことはできないので、健康志向が高い方は、空気清浄機等を活用されていると思いますが、実はホルムアルデヒド対策に一番効果的な塗り壁材を、当物件のリノベーション部屋においては、標準装備となっています。



漆喰はホルムアルデヒドを吸着・再放出させなので、健康的な暮らしができます

当物件のリノベーション部屋の内、上級グレードの部屋には、自然素材の漆喰がLDK・和室・洋室の全ての壁と、玄関エントランスの一部に施工されています。


漆喰を施工することによって、ホルムアルデヒドを吸着・再放出させない効果が期待できることから、健康的な暮らしをしたい方や、現在小さなお子さんがいるご家庭にとっては、理想的な部屋になっていると言っても過言ではありません。


また漆喰は「強アルカリ性」の性質を有していることから、漆喰壁に付着したウイルスや細菌の増殖を抑制する効果もありますので、小さなお子さんが漆喰壁に触ったとしても、抗菌や抗ウイルス対策をしてくれる漆喰壁ならば、安心ですよね!

(念のために手洗いだけはして下さいね)



自然素材の漆喰を使用したお部屋は、新築でもリノベーション賃貸においてもまずないと言っても過言ではなく、室内環境を少しでもよくしたい場合には、ご自身で空気清浄機等を購入しなけれななりませんが、漆喰部屋ならば、漆喰が勝手に行ってくれるので、ランニングコストもかからないのも、魅力のひとつであり、漆喰は「半永久的に効果が持続」するので、入居期間中は快適な生活を送ることができます。



#漆喰 #ホルムアルデヒド #シックハウス症候群

1回の閲覧0件のコメント