連帯保証人なし賃貸物件が急増しているわけとは?


こんにちは。


賃貸物件に入居する時、必ずといってもいいほど、契約時に「連帯保証人」を必ずつけなければ入居をすること自体ができませんでした。


連帯保証人をつける最大の理由は、万が一お客様が家賃滞納した場合、連帯保証人の方が債務責任を負ってもらえることができたからです。


ただ時代の変化などにより、ライフスタイルの変化(実家と疎遠になってしまう)や連帯保証人となる対象となりやすいご両親が高齢のため、連帯保証人としての役割を担えない、また実際に家賃を回収業務にあたる管理会社の負担軽減(働き方改革の一環)などの理由に、近年では、大手管理会社を中心に、入居時に連帯保証人をつけることを基本的に不要にし、その代わりとして、家賃保証会社に加入することを必須とする流れとなってきています。



連帯保証人の代わりとなる「家賃保証会社」について、一見するとお客様の方に不利な部分があると思われがちですが、実はお客様にとって家賃保証会社を利用することはメリットの方が大きいです。

日常生活をする上で、様々なリスク(病気・ケガ・失業など)がつきもので、もし急に働くことができなければ、家賃の支払いができなくなってしまいます。そこでもし家賃の支払いが難しくなった場合には、家賃保証会社が一時的に家賃を立て替えて支払ってくれますので、管理会社から催促連絡をもらうようなことはありません。

(立て替えてもらった家賃に関しては、後日家賃保証会社に返していただきます)


家賃保証会社に支払う「保証料」は、掛け捨てになってしまいますが、万が一の時に備えるという点においては、ものすごくメリットが大きいと思われますし、何より今までの場合だと、管理会社の担当者が家賃回収をするために、夜の時間帯にお部屋まで訪問をしていたので、それがない分だけでも精神的には助かりますよね。




家賃を家賃保証会社に立て替えてもらった時には、早急に家賃保証会社の担当者と連絡を取り、立替家賃の支払いを行ってください。


・家賃滞納を繰り返す

・家賃を3か月以上滞納し続ける

・家賃保証会社の担当者からの連絡を無視する


このような状況になると、家賃保証会社では「家賃支払い能力がない」という認識を持ってしまい、お客様が次のお部屋を借りる際、家賃保証会社が同じところを使っていた場合「お客様の履歴から、入居させることができない」という判断を下すことが予想され、お部屋を借りられないこともあります。


管理会社からの報告によれば、過去に家賃滞納を繰り返していたお客様が、違う物件に入居申込をした際、家賃保証会社の担当者が「過去に家賃滞納歴があって入居させることが難しい」という判断を下したことがあったとのことです。



今後家賃保証会社に加入することを必須とする賃貸物件は、増えてくるものと予想されます。家賃滞納を繰り返していると、最悪契約更新ができないことも考えられますので、もし家賃の支払いが今後難しくなることが予想される場合には、管理会社に相談することを強くおススメします。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#入居審査 #家賃保証会社



0回の閲覧0件のコメント