避難場所の落とし穴…。

2018年も早いもので、残り1か月と7日余りとなりました。

少し早いかもしれませんが、この1年をふり返ってい見ると

自然災害が多い一年だったと思います。


とくに、今年の7月に岡山県で発生した豪雨では

「ハザードマップ」の存在を知ることになり


自分も勉強のつもりで、グレイスロイヤルがある大里町の

防災マップを見たところ


正直言って、「嘘だろ~」と思ました。


グレイスロイヤルの隣には市立中学校があるので

基本的に、災害が発生した場合には

すぐに非難することができますが…


問題は、万が一近くを流れる「荒川」が決壊した場合

隣りの中学校は避難場所にはならないということです。


この件について、知り合いの甲府市議に確認した所

決壊した場合には、高台に逃げるしか方法はないとのことです。。


とはいっても……

甲府市南部に位置する「大里町」周辺には高台と言えるような

場所はなく、唯一思い浮かぶのは、甲府南IC近くにある

「県立考古学博物館」の裏手の山ぐらいしかありません。


しかも、車で10分ぐらいかかるので

仮に防災無線で避難情報が発令された場合

大里町だけで1万人いますので、移動だけでも大渋滞

が予想されます。


現状では、被害が発生する前に、避難するしか方法しかない模様です。。

#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #ハザードマップ #避難場所

#防災 #住まい #暮らしを楽しむ 

0回の閲覧