部屋のこもった匂いが気になる。消臭効果が期待できる部屋ご紹介できます。


こんにちは。


賃貸物件は、戸建てとは違って部屋数が少なく、また窓の数も少ないことから、どうしても室内の空気がこもってしまい、ニオイが気になって困っている方も多いはず。

室内のニオイ対策の基本は、とにかく換気。

エリアにもよりますが、賃貸物件は南側に建てられいる場合が多いので、南側と北側の部屋の窓を開けてもらうだけで、風の通り道を作ってくれることから、すぐに換気をすることができます。



ただこれからの季節は、だんだん気温が低下していくので、窓を全開にしてまで換気をしたくはないもの。

また、日中はお仕事などでお部屋は留守になりがちになる方は多いと思われますが、外出する際、窓を開けっ放しにされる方はほぼいないと思いますので、お部屋の消臭対策は、もっぱら市販の消臭剤を頼りがちになりそうですが…



現在リノベーション工事中のグレイスロイヤルS205号室なら、消臭効果が期待できる「漆喰」を壁に施工しているので、ニオイ対策を漆喰がしてくれることから、急にお客様が見えられても、あわてる必要性は一切ありません。


玄関エントランス一部にも漆喰を施工しています。

漆喰を施工することにより、消臭効果が期待できることはもちろんですが、漆喰の明るさは壁紙よりも大きく、自然光を反射させる性質があることから、通常のお部屋と比べると、お部屋の明るさが半端ありません。


他室・リノベーション前
他室・リノベーション後

話を元に戻しますが、漆喰の消臭効果を確かめるため、漆喰を活用した住宅販売会社では、換気を全くしない状態で、ニオイが一番出やすい「焼き肉」をモデルルームで行い、ニオイの実験を行ったところ、翌日にはニオイそのものが全く検知されないぐらい、室内にニオイが残らなかったとのことです。


日常生活においては、ドアの開け閉めなどで多少なりとも、空気の入れ替えなどが行われることから、推測になってしまうのですが、おそらく漆喰を使った部屋では、生活臭も含め、それほど気にすることなく、生活を送ることができるはずです。



最近では、リノベーションをする物件が多くなってきましたが、ニオイ対策を徹底したリノベーションは、おそらくどの賃貸物件でも行われていないはず。


現在リノベーション工事中のS205号室は、来月にはお部屋が完成し、募集を正式に行いますので、甲府市内でお部屋探しをされている方、ぜひ一度当物件のお部屋見学に来てみませんか?



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#リノベーション #ニオイ #生活臭