10万円給付金、いよいよ支給開始。


こんにちは。


新型コロナウイルスの緊急経済対策として、政府が国民に一律10万円を支給する「10万円給付金」早い所では、もうすでに申請書が自宅に届いている市区町村もあるようです。


給付金の申請は感染防止のため、マイナンバーカードを使う「オンライン申請」と市区町村から郵送された申請書に記入して返送する「郵便方式」の2種類があります。ただやむを得ない場合に限り、お住まいの市区町村でも申請することは可能となっています。


先日のブログでもお伝えしましたが、マイナンバーカードを所有している人は、5人に1人しかいませんので、おそらく大多数の方は「郵便方式」による申請をしなければ給付金をもらうことはできないと思います。


郵便方式での申請の場合は、市区町村役場から「各世帯主」に申請書が郵送されます。

総務省HPにも同様の見本書類が掲載されています)

自宅に届く申請書①

【郵送返送する書類はこちら!】

郵送申請書類①
郵送申請書類②

今まで気になっていたことは、マイナンバーカードを所有していない人が、郵便申請をする場合、マイナンバーカードのコピーが必要かどうか曖昧だった(以前は本人確認書類で『マイナンバーカード』『運転免許証等』の写しが必要)のですが、今回の郵便申請の場合、本人確認を証明する書類(コピー)は「運転免許証」「マイナンバーカード」「健康保険証」「年金手帳」などのコピーのいずれかになっていますので、今すぐマイナンバーカードを作る必要性がこの時点でなくなりました。


ただ、今年の9月からマイナンバーカード保有者限定の「ポイント還元事業」がスタートする予定ですので、マイナンバーカードは作ったほうがいいですよ!

(詳細BLOGはこちら→記事を読む


なお給付金の申請受付の開始時期は、郵便申請よりオンライン申請の方が早い場合があります。マイナンバーカードをお持ちの方は、各市区町村HPをご覧ください。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#10万円給付金 #申請方法 #マイナンバーカード


23回の閲覧