top of page

仲介手数料を値切る人は、入居を断れる可能性が高い

更新日:2022年10月14日


お部屋探しをされる際、一般的には物件を取り扱っている仲介会社に、物件見学や相談などを行い、契約したいと思った時は、紹介してくれた仲介会社で契約手続きを行うことになりますが、その際多くの方が不満に感じているのが、仲介手数料の支払いが借主側になっている点


仲介会社によって違いはあるものの、一般的には「仲介手数料=家賃1か月分」に設定してあることから、人によっては「仲介手数料を値引きしてほしい」と、交渉する方もいます。


ただ、あまりにもしつこく交渉をしてしまうと、場合によっては仲介会社から「契約することができない」と断られることがありますが、どうして相手側から断ってくるのでしょうか?


本投稿は、仲介手数料をしつこく値切る交渉をしてしまうと、契約することが難しくなる理由について、お伝えいたします。

 

▼目 次

1.仲介手数料=家賃1か月になっている理由

2.交渉しすぎると断れるのはどうして?

3.仲介手数料を節約する方法

4.まとめ

 

1.仲介手数料=家賃1か月になっている理由

仲介手数料=家賃1か月になっている理由

仲介会社が募集している物件が気に入り、契約が成立すると、仲介会社は「仲介手数料をもらえる権利」が発生します。


仲介手数料は、法律によってしっかりと請求できる金額が定められてて、最大でも「家賃1か月分」となっています。仲介手数料の支払いに関しては、原則論として…

  • 借主もしくは貸主のどちらかが支払う

  • 借主と貸主が双方で折半する

となっていますが、実際に貸主側が仲介手数料を支払うケースはごく稀で、大抵は借主側が負担していることが多く、また手数料の金額も上限いっぱいの家賃1か月分+税金なっています。


どうして必然的に借主側が、仲介手数料を負担することになっているのかというと、実はカラクリがあり、入居申込書などに「仲介手数料は借主負担とすることに同意する」等といった書面にサインもしくは口頭で承諾した時点で、法的には「仲介手数料は借主の方で負担してもいい」ということになってしまい、またこれは昔から慣習となっていることから、多くの仲介会社においては踏襲しているのが現状です。



2.交渉しすぎると断れるのはどうして?

交渉しすぎると断れるのはどうして?

1)貸主側に請求することができない

賃貸業界の慣習として、現状では仲介手数料は「借主に請求」することになっていますが、もし借主側が支払いを拒否してしまえば、仲介会社は貸主に対して、仲介手数料の支払いを求めます。


ただ貸主側にお願いしても、納得する方は皆無であることから、必然的に借主が支払うことになってしまいます。


2)仲介会社の本音

契約成立する前に、仲介手数料を含む初期費用を先に支払うことになりますが、仲介会社が契約成立によって得られる報酬は、意外にも仲介手数料しかありません。そのため「仲介手数料1か月分」と設定している物件において、仲介手数料を値下げすることになってしまうと、その分報酬が減ってしまいます。


そのため、仲介手数料を値切るような方がいると「それなら違う方に入居してもらったほうがいい」「入居させるとトラブルを引き起こす可能性がある」と判断し、入居を断られる可能性が出てきます。




3.仲介手数料を節約する方法

仲介手数料を節約する方法

1)仲介手数料無料サイトから申込を行う

一部の仲介会社が運営するサイトでは、本来ならば借主からもらう仲介手数料を、貸主に請求するところがあるため、この様な仲介会社においては、最初から仲介手数料は発生しません。


代表的なサイトは、「ウチコミ」

同サイトはオーナーさんが直に募集を行うため、契約が成立した際には、オーナーさんが同サイトを運営している会社に、仲介手数料を支払うことになるため、借主側の負担はありません。


2)仲介手数料無料物件を探す

大手管理会社では、直営の仲介会社を運営していて、一部の管理物件のみとはなりますが、仲介手数料が無料となっているところがあります。ただし、本来ならば仲介手数料が発生するのに「無料」としているとなると、場合によっては「訳あり物件」の可能性がありますので、お部屋探しをする際には、仲介担当者に確認したほうが無難です。


3)フリーレントをつけてもらう

フリーレントとは「一定期間家賃のみ(共益費などは対象外)が無料」となるもので、フリーレントがつく事によって、初期費用の中に含まれる「前家賃分」が相殺となるため、事実上仲介手数料分が無料となります。


フリーレントは、新築や築年数が10年未満の物件では、ついていないケースが多いのですが、築10年以降経過していると、最初から設定されている/もしくは交渉次第では設定してもらえる可能性が高くなります。


フリーレントが設定されていると、借りる側にとってはメリットが大きくなりますが、その一方で短期間で退去してしまうと、契約内容によっては「違約金を支払う」可能性が出てきます。

 

▶違約金に関する詳細は、過去記事をご覧下さい。

【過去記事】賃貸途中解約時、違約金には要注意!

 

4.まとめ

今回は、仲介手数料を切り交渉をしてしまうと、入居を断れる可能性があることをお伝えいたしました。


お部屋探しをされている方にとっては、仲介手数料は安くしてもらいたいと思うのが当たり前ですが、仲介会社側にとっては、値下げに応じてしまうと売上的にも厳しくなってしまうことから、「仲介手数料が無料もしくは半額」と謳っている会社以外では、交渉してもまず断れるのが殆どです。


仲介手数料を抑えたいのであれば、最初から仲介手数料が無料となっているところを選ぶか、フリーレント設定している物件を選ぶしか、方法はありません。


 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 

山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 


閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page