DIYをしなくても、おしゃれなキッチンが標準装備。山梨でおしゃれな賃貸アパート・グレイスロイヤル


こんにちは。


賃貸物件にこれからご入居予定の方にとって、一番厄介な問題といえば、やはり原状回復。

退去の時、入居前の状態に戻すことを約束しているので、下手にDIY等をしてしまうと、原状回復をしようと思った時、破損させてしまって修繕費用を取られる可能性も出てきます。




ファミリー向け賃貸物件にご入居されている方の中で、室内をDIYする箇所として一番多いのは、やはりキッチン。


賃貸に備えづけられているキッチンは、メーカーの既製品ということもあり、時間の経過と共に「古さ」がどうしても出てしまうもの。

特に女性(奥様)はキッチンにいる時間が長いこともあり、キッチンやその周辺がおしゃれでないと、生活感丸出しの状態。これでは料理を楽しむことはできませんよね。



そこで、現在募集中のグレイスロイヤルS205号室では、DIYなどは一切しなくても、最初からおしゃれなカフェ風キッチンが標準装備となっているので、料理をする時間が家事の中で一番楽しくなるのは間違いなさそうです。



現在募集中のS205号室。キッチン。 ナチュラルテイストのキッチンはとてもおしゃれ
憧れのキッチンカウンター。可動式になっているので、対面にもなります

キッチン扉は、家具屋さんにお願いをして作って頂いた特注品
キッチンカウンターを対面に移動させれば、憧れの対面キッチンに。

賃貸物件で、キッチンカウンターをDIYするとき、当然ではありますが、キッチンカウンターの位置は基本的には固定されてしまいます。


キッチンカウンターが固定されてしまうと、これは対面キッチンと同じことになるのですが、キッチン空間だけでもある程度の面積をとってしまうので、ダイニング・リビング空間がその分狭くなってしまう恐れがあります。



しかし、グレイスロイヤルのキッチンカウンターは、可動式となっていて、料理をしない時は「収納」するとことが通常のキッチンカウンターとは違う所。

収納することができれば、LDKを最大限活用することができるので、室内が狭苦しくなるようなことはありません。



また料理をする時、どうしても調理中のニオイは、換気扇を使用していていたとしても、どうしても発生してしまいます。ただニオイが強い食材(例えばニンニクなど)を料理で使用してしまうと、場合によっては翌朝まで残ってしまうこともあり得ますよね。


S205号室のLDK・和室・洋室の全ての壁には、自然素材の漆喰を施工しています。

漆喰には、様々な効果があるのですが、実は消臭効果も効果の中に含まれています。


これは他社が行った実験なのですが、換気をしない部屋(漆喰を用いたモデルルーム)でニオイが一番出やすい焼き肉をして、ニオイの測定実験を行った結果、翌朝にはニオイは全く残らなかったとのことです。


生活をしていくと、どうしても家独特のニオイが出てしまうものですが、漆喰を使うことにより、生活臭対策にもなるので、一石二鳥。また漆喰の効果は半永久的なので、効果が薄れていくようなことはありません。




いかがでしょうか?

グレイスロイヤルS205号室のキッチンは、女性にとっては憧れのカフェ風キッチンが、最初から標準装備されているので、家事のやる気がUPすること間違いありませんよね。


また無垢材は時間の経過と共に、色が変色(飴色)になっていくので、色の変化も楽しめる点においても、キッチンに愛着がわいてくるもの。


お洒落なカフェ風キッチンがあると、休日はついおうちカフェをしたくなるもの。

カフェに通う回数が減ってしまうので、結果的には家計にとってプラスになりますね。




今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#DIY #キッチンカウンター #カフェ風キッチン