top of page

賃貸入居審査で、在籍確認をされるって本当なの?


賃貸物件に入居される際、必ず「入居審査」は行われます。


入居審査とは

  • 入居希望者(契約者)が家賃を支払える能力があるのか

  • 入居させるにあたって「人柄などに問題」がないか

を、保証会社と管理会社(オーナー)が審査を行い、両方の審査に通過した人だけが契約をすることができます。


仲介会社・管理会社の方針にもよりますが、原則的には入居申込を行ったタイミングで、仲介担当者が契約者の方が勤務している会社に「在籍確認連絡」することがあります。



本投稿は入居審査時において在籍確認をする理由について、お伝えいたします。


 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】


"入居審査時における在籍確認で重要なポイント”






1.入居申込書にウソがないか確認する

入居申込書にウソがないか確認する

賃貸物件に入居する場合には、仲介会社が用意している「入居申込書」に必要事項を記入することになっています。



申込書には「現在の勤務先」「勤務先住所・電話番号」「年収」に関する部分もあるので、記入後仲介担当者がお客様の勤務先に「在籍確認」を行います。

(お客様には事前に、担当者が会社に電話をすること伝えています)


担当者が在籍確認ができ、さらに会社から発行される収入証明書(社会保険証)を提示してもらうことで、在籍していることが正式に証明されることになります。


在籍確認が取れて、過去に家賃滞納歴や家賃支払い能力、契約者の人柄に特段問題がなければ、数日で入居審査は完了し契約手続きに移行します。

 

▶入居審査に関連する情報については、過去記事をご覧下さい。

 



2.入居申込にウソ情報を書いてもバレる

入居申込にウソ情報を書いても、バレる

一般的に入居申込書に虚偽記載する方はいません。基本的に家賃支払い能力などが確認できれば入居審査に落ちることはありません。



ただごく稀ではありますが、入居申込書に「虚偽記載」をされる方がいます。

虚偽記載をしてもウソを貫き通すことはできず、ほぼ100%の確率で入居審査に落ちてしまいます。



虚偽記載がわかってしまう背景としては、以下の3つを挙げることができます。

  • 在籍確認ができなかった

  • アリバイ会社を使っていた

  • 入居動機が明確ではない


それぞれについてみていきましょう。



勤務先が全く違う


入居申込書に記入した勤務先が「実在」していないことがわかると、仲介担当者は安心して貸すことができないと判断します。仮に家賃支払い能力があったとしても、入居を断られる可能性が高くなります。




アリバイ会社を利用していた


一般的に契約者が無職の場合、ケースバイケースではありますが、入居許可を出さない可能性があります。ただし、すでに内定をもらっている/就職活動中などの場合は入居許可を出すことがあります。



一方フリーターや水商売系の方達は収入が安定していない/人柄に問題があるとみなされることがあるため、一部の方は「アリバイ会社」を使って入居審査を受けることがあります。



ただアリバイ会社を使っていたとしても、仲介担当者との会話などで、話が食い違ってくること、また電話連絡をした際明らかに様子がおかしいと感じた場合入居審査を通さないこともあり得ます。




入居動機が明確ではない場合


近年では一人暮らしされる方が、ファミリータイプ物件に入居することは決して珍しいことではありません。


ただ仲介会社担当者は、一人暮らしをされる方が2LDKや3LDK賃貸アパートを借りたいと申し出た時、入居動機は確実に聞いてきます。


例えば「女性で一人暮らしをするのに2LDK以上の部屋を借りたい」と申し出ても、仲介担当者は「必ず理由がある」と判断して入居動機を聞いてきます。このようなケースの場合大抵は、同棲する側がブラックリストに載っていたり、家賃支払い能力がないことがあります。


入居を認めてしまうと、お客様には借家権という法的権利が発生します。例え入居審査時にアリバイ申告して入居させてしまっても、貸主は正当事由を見つけることができなくなってしまうため、強制的に退去させることができません。



そのため入居動機が明確でない場合は、仲介担当者は徹底的に調べ、不審に感じた場合は入居を断る可能性が出てきます。





3.まとめ



今回は入居審査時において在籍確認をする理由について、お伝えいたしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認してみましょう。



契約はお客様とオーナーさんの信頼関係がなければ成立しません。


そのため虚偽記載があると信頼関係がないと判断されてしまうため、グレー以上の判定をされてしまうと基本的にリスクがあると判断され入居を断られる可能性が高くなります。


もし現在無職/休職中であったとしても、場合によっては入居が認められる(例えば一定数の預貯金などがあるなど支払い能力がある)こともあるため、部屋探しをする際には事前に担当者に伝えてもらうと、協力してくれる可能性は高くなります。




▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 



Comentarios


bottom of page