IKEAのおしゃれなアイランドキッチンが標準装備。山梨おしゃれ賃貸、グレイスロイヤルM102号室。


新生活や同棲を開始する時、家具などは当然ないので、購入しなければならなくなりますが、ただできる限り予算は抑えたいと考えている方にとって、IKEAはものすごく利便性が高いですよね。


IKEAの製品は、原則的に自分達で組み立てることを条件に、価格帯を抑えているのが特徴ですが、IKEA製品はデザイン性や機能性の部分においても優れていることもあるので、おしゃれな家具や雑貨などが欲しい場合は、ついIKEAに行ってしまいますよね?


ただ賃貸物件においては、なかなかIKEA製品が備え付けられいるケースは、それほど多くはないのが現状。特に山梨県の賃貸市場では、IKEA製品が設置されていることはまずありませんが…


なんと、グレイスロイヤルのリノベーション部屋に

ついにIKEA製品を設置することになりました!



来月初旬に見学開始予定のM102号室ですが、こちらの部屋に、IKEAのキッチンカウンターを設置いたします。(導入するキッチンカウンターはこちらです)


M棟をリノベーションする場合、家賃帯を抑えなければならないので、リノベーション個所は基本的にキッチンと和室部屋の琉球畳のみとなりますが、実はグレイスロイヤルのリノベーション代名詞というべき「ナチュラルキッチン」を製作するのに、約60万円ぐらいの費用がどうしても掛かってしまいます。


こちらのキッチンカウンターをM102号室に設置します。

そこで、今まで導入していた「無垢材のキッチンカウンター」の代わりとして、IKEAのキッチンカウンターを導入することに決めたのですが、ただIKEAのキッチンカウンターを導入することによって、実はものすごいメリットがあります。


①今までのキッチンカウンターと比べると、調理スペースが広くなっているので、より作業がしやすくなっている。


②ダイニングテーブルとしての活用ができるので、わざわざダイニングテーブルを購入/設置する手間がなくなる。


③ダイニングテーブルとして使えるように、おしゃれな椅子2脚を標準装備します。



IKEAのキッチンカウンターは、テーブル型となっていることから、手で持ち上げなければ移動させることはできません。

ただ過去に当物件のリノベーション部屋に、ご入居されている方のお部屋に取材をさせてもらいに行った際、全てお部屋で「キッチンカウンターは対面」に置かれていて、常時移動させていないことから、対面で固定式でも十分アリと判断して、今回導入を決めました。


IKEAのキッチンカウンターが賃貸で標準装備になっていると、ついつい自慢したくなりますよね!完成が待ち遠しいです!


閲覧数:1回0件のコメント