top of page

築年数が浅くても、条件が揃えばゴキブリは発生します。


賃貸物件探しをされる際、築年数を気にされる方は、結構多いのではないでしょうか?


築年数が浅いと設備も比較的新しものが導入されていることから、生活がしやすいメリットがあると思いますが、それと同時に「ゴキブリ」が発生しにくいと考えている方は多いと思います。

殆どの方がゴキブリを嫌っています


築年数

ゴキブリ発生率

築1年~5年

1,43回

築5年~10年

1,87回

築11年~20年

3,28回

築21年以上

4,98回


ゴキブリ発生を抑えるためには、部屋探しの際「築年数が浅い物件」を選択すれば正解なのかというとそういうわけではありません。





ゴキブリは築年数関係なく、条件さえ揃えば発生してしまうので、築年数が浅いからでないというわけではありません。

ゴキブリは条件さえ揃ってしまえば築年数関わらずどの物件でも発生してしまいます。


賃貸物件でゴキブリ発生率を抑えるためには、以下の3つの対策を講じると効果的と言われています。



  • 入居前に害虫駆除を行う

  • 入居後は定期的に駆除する

  • ゴキブリを発生させない室内環境を作る


それではそれぞれの対策についてみていきましょう。





①入居前に必ず害虫駆除を行なう。


賃貸初期費用の中には「室内害虫駆除サービス」がありますが、これはオプション扱いとなっています。


害虫駆除をお願いする場合約2万円の費用が発生するため、初期費用を抑えたいと考えている方にとっては痛い出費となります。ネット上では「市販の駆除剤を散布」すればいいといった意見がありますが、隙間対策を行わなければ薬剤散布効果が薄くなったタイミングで、簡単にゴキブリが室内に侵入してしまいます。


害虫駆除を依頼することで、配管回りの隙間対策を講じた上で専用の薬剤を散布するため、少なくとも数か月間は効果が期待できます。





②定期的に駆除を行う


ゴキブリは「玄関のちょっとした隙間」「換気扇」「エアコンの室外機」などから侵入してくることから、100%阻止することは難しいのが現状です。



外からの侵入に対して


  • 置き型の駆除剤を玄関周りに置く

  • ワンプッシュ型の駆除剤を定期的に散布


することによって、ゴキブリ発生率を抑えることができます。




③ゴキブリを誘発させる環境を作らない


ゴキブリは「優れた嗅覚」をもっています。そのため生ごみのニオイ処理をしっかりしていないとそれにつられて室内に侵入しやすくなります。


また室内に段ボールをためておくと、ゴキブリが卵を産み付けてしまう可能性があります。ゴキブリは寒さに弱いものの室内に段ボールが溜まってしまうと、冬の季節でも発生してしまう可能性は十分にあります。



室内のゴキブリ対策としては…

  • 生ごみは袋に入れて密閉した上で、蓋つきのごみ箱に入れてふたをする

  • 段ボールを室内にため込まない 

ことが重要となります。






グレイスロイヤル ごみ置き場


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、敷地内に「燃えるごみ」「燃えないごみ」両方のごみ置き場があり、24時間ごみ出し可能となっています。


そのためニオイが出やすい夏場においては、好きな時にごみ出しができる点はメリットが大きいと思います。




 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。



 


山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル

甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 






閲覧数:674回0件のコメント

댓글


bottom of page