賃貸物件に長く住むのは得?


賃貸物件の契約スタイルは、普通借家契約が大多数となっているため、契約期間は2年となっています。住み続ける場合には、契約更新を行い、更新料が発生する物件では、更新料を支払うことになります。


更新料は、一部エリアを除けば設定されている所が多いため、基本的には更新料は発生するといっても過言ではありません。このような話をしてしまうと、賃貸物件に長く住むのは損をしてしまうのではと思う方もいるはず。


但し、物件によっては、長く住んだ方が得になることもあります。


本投稿では、賃貸物件に長く住むのは得か、又は損をしてしまうのかについて、お伝えいたします。

 

▼目 次

1.長く住むメリット

2.長く住むことによるデメリット

3.グレイスロイヤルの場合

4.まとめ

 

1.長く住むメリット

手間がかからない

長く住む最大のメリットは、手間がかからない点。

同じ家賃帯で、魅力的な部屋が募集が行われていると、つい住替えしたくなってしまうもの。賃貸のメリットは「住み替えが簡単にできる」ので、やろうと思えばすぐにでも住替えは可能です。


ただ、住み替えとなると「退去費用」「引越費用」「新居先の初期費用」を支払わなければならず、その費用は結構いい金額となってしまいます。


住み替え費用をポンと出せる方であれば、住み替えを検討されてもいいと思いますが、将来のために貯蓄をしたいと考えている方は、更新料を支払って契約更新した方が、手間はかからず貯蓄がしやすくなります。


家賃が下がる場合も

賃貸オーナーさんは、募集する時に「リフォーム」等を行うことが多く、お客様が入居されることによって、リフォーム費用を回収しています。


長期間入居されれば、リフォーム費用を全額回収することができ、利益を残すことができるため、交渉次第では家賃を値下げしてくれる可能性は高くなります。


特に、入居されてから6年後は、壁紙の減価償却が終了しているため、家賃値下げ交渉がしやすくなります。たった数千円の値下げでも、年間に換算すれば2万円前後となるため、浮いた費用を生活費に回すことができます。



2.長く住むことによるデメリット

長く住むことによるデメリット

家賃の乖離が発生してしまう

基本的に契約期間中の家賃は変更されませんが、同じ物件であるのに、あとから入居された方の家賃が「安くなっている」ことは、よくあります。


特に築年数が経過している物件では、家賃乖離はよく発生してしまうため、先に入居された方にとっては、正直あまり受け入れたくはないものです。



他の部屋の設備が新調されている

賃貸物件は、退去後にリフォームを行うことが多く、設備交換が必要となった時には、交換を行うことがあります。


ただ以前から入居されている方の部屋は、当然ながら経年劣化による設備不良等がなければ、交換対応は基本的にはしないため、場合によってはランニングコストが多く発生してしまう可能性もあります。




3.グレイスロイヤルの場合

ナチュラルテイストリノベーションが好評

山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、1993年に施工された2LDK賃貸。

賃貸業界的には「築古」物件に該当してしまうため、築年数が気になる方にとっては、敬遠されやすくなります。


そこで、2018年以降「空き部屋を随時リノベーション」を行い、室内をカフェスタイルにしているため、女性のお客様から高い評価を頂き、2022年10月20日現在満室状態となっております。


満室となっている理由①:デザイン性

当物件は、ナチュラルテイストに特化したリノベーションを展開しています。

そのため、キッチンはもちろんですが、上級グレードの部屋では、洗面台もナチュラルしようとなっているため、生活感を感じさせない「温かみ」がある設備となっています。


さらに無垢材を使用しているため、使えば使うほど「味わい」が増してくることから、ナチュラル家具が大好きな方にとっては、居心地が良くなるはずです。


満室となっている理由②:漆喰を施工

当物件の上級グレードの部屋には、漆喰が施工されています。

漆喰を施工すると、調湿効果や消臭効果など、生活する上での悩みを解消してくれるのですが、ただ生活上において、本当に効果が期待できなけえば、意味がありません。


そこで、当物件では実際にリノベーション部屋にご入居されているお客様に、取材させていただき、入居後の生活についてヒアリングを行いました。その結果、特に夏場の電気代が、以前入居していたアパートと比べて、毎月2000円程度安くなっていたことに、大変驚かれていたとのことでした。

 

▶取材の詳細に関しては、こちらをご覧下さい。

おしゃれな部屋に生まれ変わったリノベーション後の暮らし。ご入居者にオーナー初取材してきました。

 


満室となっている理由③:ガス代が安い

当物件の周辺は未だに都市ガス供給がないことから、プロパンガスを設置しています。


プロパンガスは、都市ガスと比べると「ガス単価が高くなる」ため、今まで都市ガスを利用されていた方にとっては、敬遠したくなってしまう物件になってしまいます。


プロパンガスは昔から「自由価格」となってるため、ガス会社によってガス単価は全く異なっていますが、当物件においてはガス供給会社と交渉し、地域でも最安値的なガス単価に設定してもらうことができました。


詳細な金額については、交渉することができませんが、一般的なガス単価と比べると数百円程度は安くなっていることから、同じ使用量であっても、他物件と比べると毎月のガス料金は「雲梯の差」が出てしまうため、とってもオトクとなります。



満室となっている理由④:募集時の家賃は他の部屋と同じ

長期入居におけるデメリットとして、他の部屋との家賃乖離がありますが、当物件においてはリノベーションを機に家賃を値上げしているため、先に入居されていた方(2017年以前)の家賃が高くなってしまっていることはありません。


さらに同じリノベーションを他の部屋で実施・募集していたとしても、前に入居されている方の家賃と「同等」で募集しているため、不公平さは一切ありませんので、ご安心ください。



4.まとめ


今回は、賃貸物件に長く住むのは得になるのかについて、お伝えいたしました。


一般的には、長期入居すると「他の部屋の家賃が安くなる」傾向が強いため、損をしてしまう可能性が出てきてしまいますが、当物件においては、2018年以降にご入居されたお客様においては、原則リノベーション対応しているため、家賃帯は同等となっております。


また上級グレードのお部屋においては、自然素材の漆喰を施工しているため、一般的な部屋と比べると「冷暖房費」を節約させることが容易となるため、長期入居することによって確実に得をしていることを実感して頂けるはずです。


 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 

山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 


閲覧数:1回0件のコメント