賃貸アパートでの騒音仕返しは絶対NG


賃貸アパートにおけるクレームで最も多いのは、生活音が原因と思われる騒音がダントツで多いです。


賃貸物件はひとつの建物の中に複数のお部屋があることから、どうしても生活音は響いてしまいます。基本的には「お互い様」と考えている方が多いので、問題がエスカレートするようなことはありませんが、ただモラルが守れないと、ちょっとしたことでも感情論が先行してしまい、収拾がつかないぐらいにまで発展することがあります。


騒音被害を訴える方にとって、つい騒音を出しているであろう方に対して「仕返し」をしたくなる気持ちは、十二分に理解できますが、ただ仕返しをしてしまうと、場合によっては取り返しがつかなくなる位にまで発展する場合があります。


では、騒音被害があった場合、どのような対処方法をとればいのでしょうか?


1.管理会社に相談する

ご入居先の賃貸物件が管理会社が管理している場合、全ての対応は管理会社となりますので、まずは管理会社に相談して下さい。(これが大原則)


管理会社の担当者に、

騒音が発生する時間帯及びどのような音が聞こえるのか

を話して頂けると、対応がしやすくなります。

ただし、夜9時ぐらいまでに聞こえてしまう生活音に関しては、管理会社においても許容範囲(ただし限度を超えた場合は除きます)という認識を持っています。


管理会社において、一番困る騒音とは「深夜~明け方」にかけて聞こえてしまう騒音。

多くの方がお休みになられている時間帯に、騒音が聞こえてきたら、誰もがイヤになってしまいますので、もし深夜帯~明け方頃にかけて騒音が聞こえてきたら、すぐに管理会社までご相談ください。



2.通知文配布などによる対応

お客様から騒音相談を受けた場合、管理会社では全世帯に通知文を出し「騒音に注意するよう」呼びかけを行います。しばらくしてまだ騒音がなくならない場合には、騒音を出しているであろう方のお部屋に、管理担当者が直接ご訪問し「生活音に配慮」した生活を送ってほしいとお願いします。


通常ならば、この時点でほとんど解決しますが、これでも解決しない場合には、お客様同士による「話し合い」になります。


3.騒音の仕返し行為は絶対NG

騒音被害に合ったとしても、騒音を出しているであろう方に「仕返し行為」は絶対にしてはいけません。仕返しをしてしまうと、相手も感情論が先行してしまい、ケンカになってしまう可能性が高く、最悪は事件性にまで発展してしまいます。


騒音問題に関する窓口は、全て管理会社になっていますので、管理会社の担当者に直接ご相談ください。





4.まとめ 

賃貸アパートの騒音被害にできる限り合わない方法としては、ズバリ「家賃が安すぎる賃貸アパート」「客観的に古さが際立つようなアパート」には住まないことです。


家賃が安すぎる賃貸アパートには、モラルを疑ってしまうような方が入居している場合が多いことがわかっているので、もし入居者トラブルに巻き込まれたくなければ、家賃が安すぎるアパートには絶対入居しないことです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#騒音トラブル #管理会社


4回の閲覧0件のコメント