おうち時間が長くなると、生活臭が気になる。グレイスロイヤルなら消臭効果が期待できる漆喰を施工済み。


新型コロナウイルスの影響により、自宅で過ごす時間が長くなった方は多いと思います。

自宅で過ごす時間が長くなることにより、外食などをする機会が少なくなったので、家計的にはとても助かっている反面、普段より長く自宅にいることから、ニオイが気になる方もいますよね。



生活臭が発生する原因とは?

生活臭はどの家でもあり得ることですが、対策をしていないとそれが印象に残ってしまう可能性が・・

有限会社エヌ・ビープランニングコーポレーションが調べた所によると、自宅の生活臭で気になる部分として

「排水溝や水回りのニオイ」

「部屋干しのニオイ」

と回答した方が多くいたことがわかりました。


水回りのニオイや洗濯星のニオイに関しては、近づかなければニオイがわかりにくいのですが、ただ今の時期は暖房器具を使用する関係上、室内を閉め切っている状態になるので、どうしてもニオイは出がちになってしまいます。



消臭スプレーは一時的


同社が調べたところによると、生活臭が気になる方が行っている消臭対策としては

「消臭スプレー」を活用・こまめな換気

している人が全体の6割以上いることがわかりました。


消臭スプレーの活用やこまめな換気をすることにより、室内のニオイはすぐに消すことができる反面、時間がたってしまうとまた元の状態に戻ってしまうので、もしニオイそのものを少なくさせるためには、対策を講じる必要があります。



漆喰ならば消臭効果が期待できるので、生活臭対策としては効果的

お部屋の生活臭対策として、最も効果的なのはやはり漆喰。


漆喰は昔から使われている建築材料(塗り壁材)で、強アルカリ性の性質があることから、消臭効果は期待大!最近では戸建て注文住宅を購入された方が、健康的な暮らしをしたいと考えて、室内の壁を漆喰にする方が増えてきています。



換気を全くせずに焼肉をしても、数時間で臭いが気にならなくなります。

漆喰部屋で換気をしない状態で焼肉をしても、ニオイが残るようなことはありません

漆喰の消臭効果がいかにすごいかを、実験した会社があります。

漆喰を用いたモデルルーム(自社所有)で、窓を完全に締切った密閉状態の部屋で、焼き肉をあえて行い、焼き肉終了後室内のニオイがどのくらい変化したのかを実験したところ、時間の経過と共にニオイ数値は徐々に低下していき、翌朝にはニオイ数値がゼロとなっていました。


換気を全くしない状態で、焼き肉をしたら、普通の部屋では翌朝までにおいが残っていてもおかしくはありませんが、漆喰を使用したモデルルームはニオイがゼロ。


つまり、生活臭対策としても漆喰が効果的であることがこれで証明されたことになりますよね。



現在募集中のS101号室には、漆喰導入済み

漆喰を壁に施工済み。山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルS205号室

現在募集を行っているグレイスロイヤルS205号室には、自然素材の漆喰を

LDK・和室・洋室

の全てのお部屋の壁に施工し、また玄関エントランスの一部にも漆喰を施工しています。


玄関は賃貸のお部屋の中でも、換気がしにくく、靴箱が近くにあることから、どうしても生活臭が出やすい環境になってしまいますが、漆喰を導入することにより、消臭対策をしてくれることから、ニオイが気になるようなことはありません。



生活臭は住んでいる人にはあまりわかりにくいものの、お友達などの第三者には意外なほどニオイに敏感な場合が多く、ニオイの原因により「もう行きたくはない」と思われたらショックですよね。


現在募集中のS205号室ならば、室内全体が消臭対策を施しているので、お友達をお部屋に呼ぶ時にも、消臭スプレーをかけなくてもニオイ対策を勝手にしてくれるので、安心してお部屋に呼ぶことができます。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#消臭対策 #おうち時間 #漆喰