もう狭すぎる賃貸キッチンとは言わせません。


こんばんは。


賃貸に備えづけられているキッチンは、限られたスペースの中に設置をしなければならないので、戸建て住宅に備えづけられているキッチンと比べると、どうしてもキッチン全体が小さめになってしまいます。


致し方がないことではありますが、ただお部屋を借りられる方にとっては死活問題と言っても過言ではありませんよね。


実は新築物件に備えづけられている「最新型」の対面キッチンでさえも、実は食材などを切る「調理スペース」がそれほど大きくはなく、まな板一枚置いてしまうと、他の物を置くようなスペースはあまりありません。


調理スペースを確保しようとすると、どうしてもご自身でDIYをして調理スペースを作るか、壁付けキッチンが設置されているアパートでは、キッチンカウンターを作りしか解決方法はありませんが、当物件なら従来の調理スペースの2倍の広さを確保した「調理台と収納スペースを兼ね備えたキャビネット」が最初から標準装備になっています。

当物件では、2018年より空き部屋を順次カフェ風にリノベーションを行っています。

最初、最新型の対面キッチンを導入しようと考えていましたが、一台導入するのに約100万円ぐらいの費用がかかる点と、システムキッチンを置いてしまうと、カフェの雰囲気を味わえないと考え、あえて従来備えづけられていた壁付けキッチンをそのまま再利用しようと決意をしたのですが…


ただたとえキッチンをカフェ風にしても、キッチン全体が使いにくいものだったら意味がないと考え、キッチンリノベーションの際、使いやすさを向上させるため、調理台と収納スペースを兼ね備えたキャビネットを独自で開発・導入することで、使いやすさを格段に向上させました。

キャビネットが移動することができるのでとっても便利

壁付けキッチンは、現在ではあまり評価をされていませんが、ただ賃貸物件においては、実は壁付けキッチンはキッチンに接していることから、LDK全体を有効活用できる利点があります。


一方若い世代に人気がある「対面キッチン」の場合、キッチンだけで約4帖程のスペースを確保していることから、LDKを有効活用できないのが最大のデメリット。


家具や家電を置いた場合、場合によってはLDKが窮屈になってしまう恐れがありますが、壁付けキッチンならその心配はありません。


当物件の場合、キャビネットを対面に移動させればその時点で「対面風」キッチンに早変わりできますので、とっても便利。


お部屋探しの際、参考にして頂ければ、幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#対面キッチン #壁付けキッチン #賃貸