管理会社担当者が、絶対に言わない裏情報を特別にお教えします。


こんばんは!

甲府市大里町で「家族団らん型賃貸アパート」を経営しております、グレイスロイヤル・オーナーの長田 穣です。いつもブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



皆さんが賃貸物件を探される時

もし予算(家賃)さえ合えば、「新築物件」に入居したいと考えていませんか?


新築物件に入居することは一つのあこがれですよね?

新築物件は、最新の設備・内装を標準装備化しているので、新生活を新築物件からスタートさせたいと考えている方にとっては、まさに理想的なお部屋と言っても過言ではありません。


確かに新築物件は、一度も人が生活をしていないお部屋に入居するので、魅力的に感じることが多々あると思われますが、ただ不動産仲介会社の担当者レベルでは、お客様の考えとは違う考えを持っています。


というのも、新築物件は資産価値が高いということもあり、家賃の部分においては地域最高額の金額を提示していますが、新築(年数)を取り除いた場合、新築物件が本当に住みやすいのかと聞くと、ほかの物件と正直言って差異はありません。



最近の賃貸物件では「カウンターキッチン」が主流となっていますが、ただこのカウンターキッチン、不動産仲介会社の担当者レベルでは、使いやすい反面、デメリットの部分があり、そのことについてお客様の前では決して口に出すことはありません。



現場のプロたちが決して口には出さない、カウンターキッチンのデメリットとは?

LDKを有効活用することができないこと!


間取り図をご覧になれば、一目瞭然ですが、例えばLDK・10帖のお部屋があると仮定した場合、カウンターキッチンがあるお部屋は、キッチンだけでも約4帖ほどのスペースを確保していますので、実際活用できる「ダイニング」「リビング」はわずか6帖しかありません。


6帖のスペースに「ダイニングテーブル」「ソファ」「テレビ」を設置をすれば、容易にお部屋が窮屈になってしまいますよね?


またカウンターキッチンは、リビングと対面になっていますので、調理をするときに、ニオイがリビング内に広がってしまいます。


ニオイを消臭する機能性壁紙を施工してあれば、まだいいと思いますが、残念ではありますが、99.99%の賃貸物件において、調理のニオイ対策を講じたお部屋作りをしていないのが現実。




グレイスロイヤルでは、今までの賃貸・キッチンの悩みをすべて解決をした、おしゃれなお部屋を現在募集しています。


現在リノベーション工事中のS103号室・リビング漆喰施工の様子

壁付けキッチンではありますが、キャビネットが可動式なので、対面式にもなります。

グレイスロイヤルでは、2018年4月より空き部屋を順次「ナチュラルテイストに特化」したリノベーションをしていますが、特にこだわりを持っているのがキッチン。


グレイスロイヤルのリノベーションキッチンは、以前に使用していたキッチンをそのままリメイクをしたものではありますが、壁付けキッチンの最大のメリットと言えば、やはりニオイがリビングに広がらないところと、ダイニングとリビング空間が広く使えて、本来の使い方ができる点。


ただ、対面キッチンのように「リビング内の様子」を見ながら料理をしたい方にとって、壁付けキッチンは最大のデメリット!


そこで、調理台がついた可動式のキャビネットを、グレイスロイヤルが独自に開発をして、お料理の仕方により、キャビネットを移動させることにより、対面式にもキッチンを動かすことが可能となります。


また、現在募集しているS103・202号室のお部屋(リビング・洋室・和室)には、消臭効果やお部屋の湿度を一定にする「漆喰」を、壁に塗ってありますので、ニオイ対策や、今の時期ですと、インフルエンザ対策としても有効的となります。



いかがでしたか?

新築物件は、確かに魅力的なお部屋であるとは思いますが、一方でカウンターキッチンを導入していることが逆に、日常生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。


グレイスロイヤルのカフェのようなおしゃれなリノベーション部屋は、壁付けキッチンではあるものの、調理台がついたキャビネットが、対面キッチンの代わりをしてくれて、また壁には漆喰を塗っていますので、お部屋のニオイ対策は万全!



ぜひおしゃれな部屋に住みたいと考えている方は、グレイスロイヤルのリノベーション部屋に見学に来ませんか?


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#山梨 #甲府 #大里町 #賃貸 #アパート #グレイスロイヤル

#デザイナーズ #インテリア #リノベーション #和室 #琉球畳

#おしゃれ賃貸 #カフェ風 #キッチン #ナチュラルテイスト #漆喰

#仲介手数料無料