賃貸のガス会社は、物件ごとで違います。


賃貸物件に設置されているガス会社は、物件ごとで違っていて、また地方都市においては、都市ガスが普及されていないエリアも多いことから、プロパンガスを設置している所が多いのが現状です。


首都圏から地方都市に住替えされた方は、プロパンガス料金の値段にびっくりされていると思います。それもそのはずで、プロパンガスは都市ガスと比べると「熱量」が約2倍多くなることから、同じ量を使っていたとしても、ガス料金はどうしても高くなってしまいます。


さらに、プロパンガス会社では、ガス料金を自由に決めることができることになっています。

ガス会社によって、基本料金やガス単価が大きく異なりますので、場合によっては同じ量を使っていたとしても、ガス会社が違うだけでガス料金が大きな差が生じてしまう現象が発生してしまいます。


賃貸の部屋探しをされる時、家賃や築年数は非常に気にされていますが、ガス料金などに関しては、まず部屋探しの段階で「気にする」ことはまずありませんよね。気に出すとしたら、入居後にガス会社から送られてくる請求書ではないでしょうか?



もしガス料金が「高すぎる」場合、当然ではありますが、ガス会社に交渉したくなるもの。しかし、借主であるお客様は、ガス会社に「交渉」することは一切できません。

ご入居者様が、ガス会社と交渉することができない理由は、ガスタンクに問題があります。


プロパンガスが設置されている賃貸物件の場合、ガスタンクが敷地内に設置されていて、ガスタンクから各世帯にガスを供給している以上、ガスを仕入れているのは(形式上ではありますが)物件を所有しているオーナーさんということになりますので、もしガス料金が割高だと感じた場合には、オーナーさん経由でガス会社と話さなければなりません。


ただ、物件を所有しているオーナーさんは、基本的に賃貸管理を管理会社に委託している場合が多いので、お客様からの意見があったとしても、ガス会社と交渉する方は、殆どいないのが現実。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、オーナー主導型の賃貸経営を実施しています。ガス料金に関しても数年前に「価格交渉」をしているので、当物件におけるガス料金は、ガス会社の担当者が言うには、地域最安値的な料金設定とのことです。


賃貸の部屋探しにおいて、ガス料金を気にされる方は、まずいません。

入居後ガス料金が高くても、交渉することができないので、仕方がなくガスを使わざるを得ないのが現状ですが、グレイスロイヤルならば、ガス料金が地域最安値的となっているので、安心してガスを使用することができますよね。


0回の閲覧0件のコメント