賃貸初期費用は分割支払いは可能なの?


賃貸物件に入居する際「初期費用」を支払わなくてはなりません。


初期費用の金額は、物件や管理会社によって設定項目が異なるため、一概には言えませんが、山梨県の賃貸業界においては、期費初用の平均は「家賃4か月分」と言われています。


仮に家賃6万円の部屋を借りる場合には、24万円を事前に準備しなければなりませんので、お客様にとっては頭が痛いところであり、また契約前に初期費用の支払いを完了させておかないと、契約することができないので、お客様の立場で見た場合、初期費用を分割にしてもらえれば…と思ってしまいますよね。


では、もし仲介会社に「初期費用を分割で支払いたい」と相談すれば、仲介会社では受け入れてもらえるのでしょうか?


大手管理会社の一部は分割OK

大手管理会社物件においては、クレジットカードによる初期費用分割支払いをOKにしているところがあります。詳細に関しては各管理会社HPをご確認して頂きたいのですが、ただ全ての管理物件で、初期費用クレジット支払OKを出している所は、まだまだ少ないのが現状です。


クレジット支払OKの場合、支払金額に応じてポイントがつくので、メリットが大きいと言えますが、ただ初期費用及び家賃支払いがクレジットOKの場合で、家賃滞納してしまうと、クレジット会社に「信用情報」が掲載されます。

場合によってはローン審査が通らなくなったり、次の賃貸物件入居の際「過去に家賃滞納歴」があると、一発で入居審査に落とされてしまうことから、注意が必要です。



現金の場合は分割不可

クレジット対応していない場合、初期費用の支払いは「振込」となります。

振込の場合、分割支払いは不可となっているので、期日までに一括で支払わなくてはなりません。


初期費用に関しては、基本的に築年数は一切関係なく、ある程度の費用が発生します。またごくまれですが「初期費用が完全無料」と謳っている仲介会社がありますが、初期費用が無料とある場合、初期費用に掛かる金額を毎月の家賃に「月割り」でのせていて、また一定期間入居する事を必須(中途解約の場合違約金設定アリ)としているので、注意が必要です。



初期費用支払いを減らすためには

初期費用の支払いは、基本一括支払いという認識を持たれたほうがいいと思いますが、ただお客様の多くは「何とかして初期費用支払いを抑えたい」と考えるのが普通だと思います。


もし初期費用の支払いを抑えたいと考えるならば…

1)敷金・礼金が設定していない物件を見つける

2)新居先の物件が同じ管理会社の場合、仲介手数料が無料となる場合がある

3)家賃が一定期間無料になる「フリーレント」物件に入居=前家賃の家賃と相殺


このような物件に入居すると、結構初期費用が抑えられるので、オトクになります。

ただし、フリーレント物件に関しては、一定期間内に退去すると「違約金」が設定されているケースがありますので、入居の際には注意が必要です。



#初期費用 #分割支払い


閲覧数:6回0件のコメント