賃貸更新料なしと謳う物件に注意。


こんにちは。


賃貸物件に入居されている方にとって、2年に1度行われる「更新時期」になると、憂鬱な気分になりますよね。

多くの賃貸物件では、2年ごとに更新をするかしなかを定められていて、もし更新=住み続ける場合には、仲介会社(管理会社)に更新料を支払わないといけません。


気になる更新料の費用についてですが、実は更新料は全国一律というわけではなく、地域によって金額はまちまち。

山梨県で大手管理会社の管理物件にご入居されている場合、東京に本社がある場合が多いので、東京の基準=家賃1か月分がそのまま当てはめている所が圧倒的に多いです。



ただ、ご入居者様の立場から見れば、更新=住み続けるのにどうして更新料が発生するのか?疑問に思う方も多いはず。



最近では、更新料が一切発生しない物件もあることから、長期間ご入居予定の方は、更新料がかからない物件に入居した方が、トータル的にはオトクになるのでは?と考える方もいると思われますが…

実は更新料無料謳っている物件の中には、更新のタイミングで「家賃の値上げを一方的に要求」する物件や、更新料は無料とする代わりに、毎月の家賃に更新料分の月割り分を上乗せをする物件があるので、注意が必要です。

もし、賃貸物件をお探しの方の中で、更新料がかからない物件に入居したいと考えている方は、本当に更新料がかからないのか?(更新のタイミングで家賃値上げや、毎月の家賃に更新料分の月割り分が上乗せされていないか)を、確認したうえでご契約されたほうが、トラブルに巻き込まれなくて済みます。


お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#賃貸借契約 #更新料