賃貸5月入居は、とってもオトクなことが多いです。


賃貸業界における繁忙期は、1月~3月と言われています。ただ、4月はそこそこ部屋家探しをされている方は多いものの、5月の大型連休明け以降は、賃貸業界的には「閑散期」となります。


実は賃貸物件に入居する際、1月~3月の繁忙期より5月入居されたほうが、初期費用などを抑えることが簡単にできるので、とってもオトクになります。


どうして5月入居すると「初期費用」がオトクになるかについては、下記をご覧下さい。



①初期費用や家賃交渉がとてもしやすくなる

1月~3月までの繁忙期は、多くの方が部屋探しをされていることから、お客様から「家賃や初期費用の交渉」をしても、やんわりと断れる可能性がとても高いのですが、ただ大型連休明け以降になると、部屋探しをされる方が少なくなるので、仲介会社にとっても、契約数を確保するためには、多少の譲歩も致し方なしと考えている会社も多いので、交渉がしやすくなります。


家賃や初期費用を交渉する場合、たとえ借り手有利な状況であったとしても、無理難題を言ってはいけません。もしあまりにも無理難題を主張してしまうと「自己主張が激しすぎて、入居後トラブルを引き起こす可能性がある」と判断されてしまい、入居審査時にマイナスとなってしまう可能性が出てきます。


交渉をする時、交渉してもOKな部分とNGな部分がありますので、要注意です。


【交渉してもOKな部分】

・家賃:ただし数千円程度まで。あまりにも値引き額が大きいと断れる可能性あり。

・敷金/礼金:新築物件以外の場合は、交渉次第で無料になる可能性があり。

・駐車場代:家賃値引きが難しい場合、駐車場無料にしてくれる可能性あり。


【交渉するのはNG】

・仲介手数料:仲介会社の売上に直結するものなので、しつこい要求はマイナス。

・家賃保証料:保証料の減額はできません。しつこいと入居審査にマイナス。




②担当者がしっかりと対応してくれる

閑散期は担当者が親身になって対応してくれます

1月~3月の繁忙期は、仲介会社の担当者は「予約」された方の接客で、忙しくなってしまい、ご案内や説明などに対しても「時間をかける」ことは非常に難しいのですが、5月以降の閑散期は、部屋探しをされている方が少なくなるので、お客様対応がとてもしやすくなります。


お客様が部屋探しで悩まれている場合があっても、担当者おススメ物件を紹介することができたり、場合によってはお宝物件を紹介することができるので、理想のお部屋に入居できる確率が高くなります。 



③引越がとてもしやすい

5月の引っ越しは料金も安くなり、また気候的も落ち着ているので引越しがしやすいというメリットも

1月~3月は入退去が多くなることから、引越料金も特別価格となり割高になりやすいのですが、5月以降は引越し業界も閑散期に入りますので、繁忙期と比べると料金が安くなっていますので、家計的にも助かりますよね。


また5月は比較的「晴天」に恵まれていて、気温もそれほど高くはありませんので、引越しがしやすいという部分においても、メリットと言えます。



お部屋探しの際、参考にして頂けば幸いです。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#5月入居

#初期費用


閲覧数:75回0件のコメント