食器収納から卒業できる?グレイスロイヤルのリノベキッチン。


賃貸物件に設置されているキッチンは、お部屋の大きさに合わせて設置されているので、戸建て住宅に設置されているような「大き目のキッチン」ではないことから、収納スペースに関しては、それほど広くはありません。


さらに近年施工されている新築物件のキッチンは「対面」が標準となっているため、キッチンスペース内に「食器棚」を置いてしまうと、導線的にもきつくなってしまい、更にダイニングに「食器棚」を置いてしまうと、ただでさえ室内空間がそれほど広くはないのに、置く事によって、室内が窮屈に見えてしまう可能性が出てしまうことから、出来ることならば食器棚は設置しないほうがいいのですが…



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあり、2018年以降空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、キッチンに関しては「フルリノベーション」を行っているので、機能性やデザイン性の部分においては、とても使いやすくなっていますが、何と収納スペースに関しては「新たにキッチンカウンター」を設置したことによって、当たたなスペースを確保することができたことから、家族構成によっても違ってきますが、二人暮らしをされる方であれば、恐らく食器棚は、必要ないのかもしれません。



リノベーションして生まれ変わったナチュラルキッチン
リノベーションして生まれ変わったナチュラルキッチン


家具屋さんにお願いして特注で製作してもらった「キッチンカウンター」内部には、収納スペースを可能な限り確保してあるので、よく使用する食器類などはこちらのカウンター内に収納してもらうことによって、取り出しがとてもしやすくなるので、利便性が高くなります。



さらに、下部にある収納スペースの「棚」は、取外しや移動することが可能となるため、使い勝手がさらによくなることから、実際こちらのキッチンカウンターをお使いになっているご入居様からも、高い評価を頂いております。





IKEAのキッチンカウンターを設置した部屋は、すぐに埋まりました
IKEAのキッチンカウンターを設置した部屋は、すぐに埋まりました

また、昨年リノベーションしたこちらのお部屋においては、試験的に「IKEAのキッチンカウンター」を採用しました。若い世代に圧倒的な支持があるIKEA家具を賃貸の設備として採用している物件は、それほど多くはない事から、ご案内時に「IKEA製の設備を導入している」ことをお伝えすると、皆さん驚かれます。


IKEAのキッチンカウンター内部
IKEAのキッチンカウンター内部

IKEAのキッチンカウンターにはキャスターが設置されていないため、移動させることはできません。(ただ大人二人がかりで、移動させることは可能です)


また、キッチンカウンター内部は、この様に広めの収納スペースが設置されていますので、よく使用する食器類をこちらにおいてもらうことによって、出し入れがとてもしやすくなります。



さらにもし食器棚を置かなければならない場合があったとしても、当物件のキッチンは「壁付け」タイプとなっていることから、キッチン本体の隣に設置することによって、室内空間が狭くなることはないので、圧迫感を感じることはないはずです。



お部屋探しの際、参考になれば幸いです。


 

おススメ記事

・山梨でおしゃれなリノベ部屋が、6万円台で借りられる▶今すぐ記事を読む  

・甲府市で賃貸を探すなら、グレイスロイヤル▶今すぐ記事を読む  

・防音性が高い賃貸物件の探し方とは?▶今すぐ記事を読む  

 

#食器収納

#キッチン

#賃貸



閲覧数:3回0件のコメント