礼金と仲介手数料の違いとは?


賃貸物件に入居する際「初期費用」と呼ばれる契約金を「仲介会社」に支払いますが、その際よく目につく「礼金」「仲介手数料」について、理解しているつもりだけれども、イマイチよくわからないといった方は多いのではないでしょうか?



今日のブログは、礼金と仲介手数料の意味、そして契約時に交渉することができるのかどうかについてお伝えさせていただきます。


 

▼目 次

1.礼金と仲介手数料とは?

2.交渉すれば値引きしてもらえるの?

3.礼金無料物件は増えてきています。

 

1.礼金と仲介手数料とは?

礼金と仲介手数料とは?

礼金と仲介手数料の意味について説明いたします。


【礼 金】

賃貸物件に入居許可を出して頂いた「オーナー」さんに対する謝礼金。


昔は今より賃貸物件供給数が圧倒的に少なく、また管理会社の数も多くなかったことから、賃貸物件に入居するには、オーナーさんの協力なしでは入居することができませんでした。

今では供給数が圧倒的に多いので、本来の意味合いは薄らいでいますが、今ある礼金は、昔からの慣習をそのまま継続しているのが本音で、新築物件や築年数が浅い物件しか設定されていない場合が多いです。


礼金は敷金とは異なり、退去時に「返金」されないので要注意です。




【仲介手数料】

不動産仲介会社に支払う成功報酬金。


賃貸物件を探す時、物件を取り扱っている仲介会社にお願いして、物件見学に同行してもらったり、場合によっては、一緒になって希望物件を探してくれたりしてくれます。


無事に希望物件を探すことができ、契約する場合には、担当者にお願いして「契約書の作成」をしてもらうことになります。仲介手数料は契約成立に伴う「成功報酬金」の意味合いが強く、一般的な仲介手数料は「家賃1か月分+税金」となります。


仲介手数料は、初期費用の中に含まれているため、契約日当日に支払いが発生することはありません。


なお、契約に至らなかった場合においては、仲介手数料は一切発生しませんので、ご安心ください。




2.交渉をすれば値引きしてもらえるの?

礼金や仲介手数料は、交渉すれば値引きしてくれる?

お部屋探しをされている方にとって、初期費用はできる限り抑えたいところ。

ネット上では交渉次第では、初期費用を抑えることが可能と言われていますが、では今回のテーマでもある「礼金」「仲介手数料」に関して「値引き交渉」をした場合、成功するのでしょうか?


【礼 金】

礼金設定している物件は、今では新築物件や築年数が浅い物件が多くなっています。

これらの物件は、管理会社などが物件を丸ごと借り上げている場合が多いので、初期費用の設定に関しては全て管理会社の方で決めています。


交渉相手は基本的に管理会社となるわけですが、ただ新築物件や築年数が浅い物件に入居しようと考えている人が「礼金を無料にしてほしい」と交渉してきたとき、仲介会社は管理会社に話を通すまでもなく「それならば礼金がない物件に入居した方がいいのでは?」と軽く否定をされる場合が多いです。


ただし、3月後半に募集を行っている/もしくは閑散期に募集している場合、交渉次第では「礼金をサービス」してくれる可能性はあり得るものの、正直あまり期待しない方がいいのかもしれません。


礼金は、支払ったとしても敷金みたいに「退去時には返還されない」ため、もったいないと考えている方は、礼金設定がされていない物件を探すしか、方法はありません。




【仲介手数料】


仲介手数料に関しては、ほぼ全ての物件で設定されています。

仲介手数料の費用に関しては、法律でしっかりと規定されていて、どれだけ高くても家賃1か月分+税金となっていますが、初期費用を抑えたいと考えている方にとっては、家賃1か月分は負担増になってしまいます。


交渉した場合、仲介手数料が安くなるのかというと、100%の確率で安くなることはまずありません。



仲介手数料は、仲介会社にとって「売上」そのもの。

実は仲介会社の売上の殆どは「仲介手数料」しかないと言っても過言ではなく、また報酬も法律で決められていることから「値引き」に応じてくれる仲介会社は、まずないと思っていた方がいいのかもしれません。


また、しつこく「仲介手数料を安くしてくれ」「安くしないと入居しない」といった無理難題を担当者にお願いしていると、入居審査でお客様の言動を全て管理担当者に報告し「入居後問題行動を起こしやすい」と判断されてしまうと、入居そのものができなくなってしまうので、仲介手数料の交渉はしないほうがベストです。


どうしても仲介手数料を節約したいのであれば、仲介手数料が最初から無料になっている物件を選択するしか方法はありません。


ウチコミ!という不動産サイトは、仲介手数料が最初から無料となっています。

同サイトは、お部屋を貸したい貸主が「仲介手数料を全額負担」するため、貸主側が負担することはないため、仲介手数料を抑えたい方にとっては、おススメです。



3.礼金無料物件は増えてきています

礼金無料物件は増えてきています

最近の賃貸業界では、初期費用をできる限り抑えようという考えが浸透していて「敷金・礼金無料」としている物件が非常に多くなってきました。


敷金が無料になると「退去時にもし修繕費用が発生した場合不安」と思う方も多いと思われますが、基本的に「室内をきれいに使用」し続けていた場合、皆さんが思っている以上に「修繕費用」は発生しません。


また礼金に関しては、築10年以上経過した物件からは「礼金設定がない」物件が多くなってきていますので、礼金を支払いたくはない方は「築年数が10年以上」の物件に入居するのがベスト。


もし、新築物件並みの生活がした方は「リノベーション」物件がおススメ。

リノベーション物件は、築20年以上経過している物件が殆どですが、室内空間は新築物件と殆ど変わらないと言ってもいいほど、おしゃれな空間になっていて、家賃も新築物件と比べて数万円安いのは当たり前で、物件によっては「敷金・礼金無料」という所もあります。




お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。


 

▶︎お知らせ◀︎


山梨県甲府市にあるグレイスロイヤルは、築年数は経過していますが、2018年以降空き部屋を随時「おしゃれなカフェスタイル」にリノベーションを行った上で、募集を行っております。ご入居されたお客様からは「賃貸でカフェスタイル生活ができて、友達から羨ましいと言われた」等喜びの声を多数頂戴しています。


当物件に少しでも興味がある方は、下記詳細ページをご覧下さい。


 

山梨おしゃれ賃貸 グレイスロイヤル


甲府市の中でも人気エリアにある大里町に物件があります。


築年数は経過していますが、募集部屋は室内はカフェスタイルにリノベーション済み。


▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

090-8514-3562


 





#リノベーション #礼金 #仲介手数料




閲覧数:104回0件のコメント