夏の暑いキッチンともサヨナラ。キッチン空間を楽しく過ごしませんか。


こんにちは。


梅雨明け直後から、連日暑い日が続いて大変ですよね。

この時期は料理を作る時、キッチン周辺は蒸し暑くなるので、特にてんぷらなどの揚げ物などはできたら作りたくはないと考えている方は多いのではないでしょうか?


最近施工された新築賃貸物件のキッチンは、若い世代に人気が高い「対面キッチン」が標準装備となっています。


対面キッチンは、リビングと対面する形にキッチンがあるので、家族内の様子を伺いながら料理ができるので、特に子育て中のママさんから、圧倒的な支持を受けています。


ただ、夏の時期において、対面キッチンは料理がしにくい環境となっていることをご存知でしょうか?


対面キッチンのガスコンロ周辺は、キッチンパネルが設置されていますが、キッチンパネルがあることにより、エアコンの風がコンロ周辺に届きにくく、扇風機をかけても熱がこもりやすくなるので、コンロ周辺はいわば蒸し風呂状態。


スポットクーラーなどがないと、正直料理をする時間が苦痛に感じてしまうかもしれませんが、当物件のキッチンは、壁付けではありますが、遮るものがないのでエアコンの風がキッチン周辺まで流れることから、比較的料理がしやすいと思います。

当物件のおしゃれなキッチン
調理台を付けたキッチンカウンターを標準装備

壁付けキッチンは、賃貸業界では過去の遺物的な存在になりがちですが、壁付けキッチンは賃貸の限られた空間を最大限活用することができ、室内を広々使うことができます。


当物件では、リノベーション部屋には調理台が付いたキッチンカウンターがついていますので、壁付けキッチンのデメリットをうまく補うことができ、また料理をしない時には収納することができます。



お部屋探しの際、参考にして頂ければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#キッチン #暑い