家賃滞納を繰り返すと、契約更新できない可能性が高くなります。


こんにちは。


賃貸物件の家賃支払いに関しては、基本的には口座引き落としのケースが多いと思いますが、よくあるケースとして残高不足で引落ができないといった経験は、誰もがあると思います。

いわゆる「うっかりミス」により家賃が引き落とせない場合ならいいのですが、ただこれが毎月発生していたり、また再引落日までに家賃分が引き落とすことができないことが繰り返された場合、家賃保証会社や管理会社では、要チェック体制に入ります。


家賃が1か月程度遅れたぐらいでは、即退去となることはまずありえません。

強制退去鉄続きに入る場合の目安としては、管理会社/家賃保証会社にもよりますが、おおむね3か月家賃が滞納した場合、強制退去に向けた準備が行われます。


要チェック体制に入ってしまうと、どうなるのか?

それは、ご入居者様が家賃を支払える能力がないのではと、管理会社では考えてしまい、家賃滞納が改善されない場合、ご入居者様が2年に1回行われる「契約更新」をしたい=引き続き部屋に住みたいと思っていたとしても、管理会社が契約を更新しない場合があります。



また家賃引き落としができないことが繰り返されてしまうと、場合によってはご入居者様が契約上で指定した緊急連絡先/勤務先にも連絡をすることもあり得ます。


もし家賃の支払いに関して何かしらのアクシデントがあった場合には、すぐに管理会社に連絡して下さい。連絡がない状態で家賃の支払いが遅れた場合や、滞納になった場合「悪質」と判断せざるを得なくなり、契約更新が難しくなることもありますので、注意が必要です。



#管理会社 #家賃滞納

閲覧数:174回0件のコメント