少しでもウイルスや細菌を気にしない生活を送りたい方へ。


こんにちは!


現在世界的に蔓延している「新型コロナウイルス」


感染者数が100万人を超えるのも、もうすぐと言われていますが、日本国内において特に大都市圏では患者数が急激に伸びている状況で、今、我々ができることは人が密着している所にはいかない事が、自分と日本、そして世界を守ることになります。


コロナウイルスが日本国内で騒ぎ始めた先月上旬から、ある家電製品が爆発的に売れています。それは、空気清浄機。


空気清浄機は、室内のウイルスや細菌、花粉を抑制する効果が期待できますが、空気清浄機がコロナウイルスに効果があるといった確証はありません。しかし空気清浄機を新規で購入された方は「少しでもきれいな空気で過ごしたい」といった考えから、価格が高い高性能の空気清浄機を複数購入されているとの事。



賃貸物件に入居されている方の中には、少しでも室内の空気を良くしようと空気清浄機を購入をした方も多いと思いますが、ただこのために空気清浄機を購入しても、コロナウイルスのピークを過ぎてしまうと、必ずと言っていいほど、空気清浄機は使用し続けないはず。また空気清浄機はメーカーによっては、メンテナンスを必要とする場合があるので、時間に追われている方にとっては、嫌になってしまうかも。



そこでグレイスロイヤルからのご提案は、空気清浄機とほとんど同じような効果が期待できる、漆喰を使ったお部屋をご紹介したいと思います。

漆喰を施工している様子

漆喰は、昔から日本の家屋に使われている塗り壁材。近年では、注文戸建て住宅を購入された一部の方が、お子さんや家族が健康的な暮らしができるように、建てる際に漆喰をあえて壁に塗っている場合がありますが、漆喰を塗るとコストが高くなるので、注文住宅でもまた賃貸物件のリノベーションでも、まず採用をすることはありません。


しかし、グレイスロイヤルでは「少しでお客様が快適に過ごすことができれば」との思いで、上級グレードの部屋のみ「LDK」「和室」「洋室」の壁に、漆喰を塗っています。


漆喰を塗ることにより、漆喰が湿度を自動的にコントロールしてくれるので、夏の多湿・冬の乾燥を漆喰が見事に対応をしてくれます。また漆喰は強アルカリ性の性質を持っていることから「ウイルスや細菌の増殖を抑制」する効果が期待できます。


また漆喰は、空気中の二酸化炭素を吸収してくれる効果が期待できるので、お部屋を快適にすることができます。



通常の賃貸物件では空気清浄機を購入しなければ、室内のウイルス対策などをすることはできませんが、グレイスロイヤルならば、わざわざお金を出して空気清浄機を購入しなくても、漆喰が勝手にしてくれるので、お部屋を探されている方の中で、ウイルスや細菌が気になる方は、グレイスロイヤルで生活をした方が、経済的にもお得となります。


新型コロナウイルスがいつ収束するのか、皆目見当がつきませんが、もしかするとこれからのお部屋探しは、室内環境を強化したお部屋に入居した方がよいのかもしれませんね。



お部屋探しの際、参考にしていただければ幸いです。

今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#新型コロナウイルス #空気清浄機 #漆喰

2回の閲覧