賃貸で子育てする時、ちょっとしたことでトラブル回避することができます。


こんにちは。


賃貸物件で子育てをされる方にとって、一番の悩みと言えば、やはり「夜泣き」やお子さんが部屋を走り回ることによる「生活音」が、階下の部屋やお隣さんに響いていないか?また、ストレスを抱えてはいないか?とても心配になりますよね。

どのような構造躯体の賃貸物件に住んでも、生活音を全て防ぐことは事実上不可能ですので、子育てをするご家庭にとっては、できる限りトラブルに発展しないよう、あらかじめ対策を講じなければなりませんが、ただあることを行うことにより、トラブルに発展する確率を抑えてくれることをご存知でしょうか?


それは、お子さんが生まれた場合や、引越しの際子育てをすでに行ってる場合、事前に両隣・上下階のお部屋に「挨拶」に伺うこと。


一番丁寧なのは、直接訪問をすることですが、現在ではコロナウイルスが流行しているので、直接挨拶はかえって先方に失礼な場合も想定されます。

そこで、直筆の手紙を添えて挨拶をしてみてはいかがですか?


ファミリー物件の場合、子育てをされているご家庭が多くご入居されているので、事前に子育てをしていると先方にわかっていれば、ある程度の生活音に関しても「寛大」な態度をとってくれる可能性が高くなります。


当物件は2LDK賃貸アパートということもあり、子育てをされているご夫婦が多くいますが、赤ちゃんの夜泣きなどの理由による生活音で、クレームに発展したことは一度たりともありません。多くのご入居者様は「お互い様」と考えてる方々ですので、ご心配なく。


今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。


#子育て #夜泣き #挨拶