賃貸の仲介手数料は、交渉することができるの?


こんにちは。


賃貸物件に入居する際、初期費用と呼ばれる「契約金」を仲介会社に支払いますよね。

最近では、新築/築年数が浅めの物件以外は、敷金や礼金を設定していない物件が多くなっていますが、仲介手数料に関しては、築年数は一切関係なく、殆どの物件で設定されていますよね。

お部屋見学をされる時、担当者も一緒に同行・案内をしたり、お客様の希望に合った物件探しをしてくれたり、また賃貸借契約書の作成をしてくれたりしますが、仲介手数料はご契約の際にこれら一連にかかった費用をお客様に支払っていただく対価的な要素が含まれています。


もちろんではありますが、ご契約に至らなかった場合、仲介手数料はかかりませんのでご安心ください。


賃貸における仲介手数料の金額は、法律で定めらていて、仲介会社ごとで設定金額は異なるものの、安い所では家賃0.5か月~高い(上限)所でも家賃1か月分+税金の費用が発生します。山梨県の賃貸物件の場合、殆どの所は上限の家賃1か月+税金を設定しています。




お客様の中には、初期費用をできる限り抑えたいと思い、仲介手数料を何とかサービスしてほしいと交渉される方もいると思いますが、仲介手数料は不動産仲介会社にとって、売上そのもの。交渉しても「会社の規定だから」という理由で、断られる場合が多いです。




数はそれほど多くはないものの、中には「仲介手数料が無料」の物件はあります。


ただし仲介手数料が無料になっている物件は、集客に苦戦している物件オーナーもしくは仲介会社が、集客目的であえて仲介手数料を無料/半額にしているケースがありますので、こだわりが強い方は、おそらくこのようなお部屋にはご入居することが難しいと思われます。

(設備や内装は正直おしゃれとは程遠く、古さが目立つお部屋である場合があります)



仲介手数料に関して、多くの仲介会社ではサービスすることはまず難しいと思われます。

もし、初期費用を抑えたいと考えている方は、家賃無料期間=「フリーレント」がついている物件を選べば、初期費用を抑えることはできますが、ただ新築物件や築年数が浅い物件では、フリーレントがついていない場合が多いので、注意が必要です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#賃貸借契約 #初期費用 #仲介手数料