賃貸の鍵交換。どうして鍵交換をした方がいいの?


こんにちは。


希望通りの部屋が見つかり、いざ契約をしようとしたとき、不動産賃貸仲介会社の担当者から『「鍵交換」は行いますか?』と聞かれた方も多いと思います。


殆どの方は鍵交換を行うと思いますが、どうして鍵交換をしなければならないのでしょうか?

鍵交換をする最大の理由は防犯

そもそも「鍵交換」はオプション扱いに設定されている所が多く、鍵交換をするかしないかはご契約者様次第となりますが、鍵交換をする最大のメリットは『防犯』面で安心だからです。


管理会社では、ご退去された時に、入居時に渡した鍵を全て返していただく事になっていますが、もし以前ご入居されていたお客様が、ご自身で鍵を作り、鍵交換が行われてなかった場合、簡単に室内に侵入することができますが、ご契約者様が鍵交換を行えば、当然前の鍵は使用することができませんので、防犯面において必ず行った方がいいと思われます。



鍵交換にかかる費用は、管理会社によって異なるもの、おおむね2万円以下が一般的。


この金額が高いか安いかは、お客様によっていけんが分かれると思いますが、ただ管理会社の鍵交換費用が高いからと言って、お客様がご自身で鍵交換(本体部分)を行うことは絶対にやめてください。


管理会社では、万が一に備えて、スペアキーを保管していますが、もしお客様がご自身で鍵交換を行った場合、緊急的な事態が発生した場合、管理会社の担当者が対応することが難しくなります。


なお、ご家族が複数人いる場合、管理会社から渡された鍵では、家族全員に行き渡らないと思われますので、不足分をご自身で作られることもありますが、この点については管理会社からダメと言われることはまずないと思われます。


ただ、管理会社には一言連絡して頂くと、とても助かりますし、またご退去時には誤解を受けないためにも、ご自身で作られた鍵を含む全てのカギは、管理会社の担当者に渡されたほうが、賢明です。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#賃貸借契約 #鍵交換 #防犯