賃貸キッチンが狭すぎて、まな板が置けない!どうしたらいい?


賃貸に設置されているキッチンは、お部屋に合わせて設置されていることから、戸建てみたいに大きなキッチンが設置されているような物件は、皆無と言っても過言ではありません。


特に、深刻なのは「ファミリータイプ向け」賃貸物件で、築年数が経過しているところでは、まな板を置く作業スペースが「極端に狭い」ので、まな板一枚を置いてしまうと、もう他のものが置けないといった状態になってしまい、正直使いやすいキッチンとは言えないです。


では、もし作業スペースが狭いようなキッチンがある物件に入居した場合、打開策はあるのでしょうか?


 

目 次

1.シンクの上にまな板を載せる

2.キッチンカウンターを導入する

3.おススメなのは、IKEA製

4.グレイスロイヤルのおしゃれなキッチン

5.まとめ

 


1.シンクの上にまな板を載せる

シンクの上にまな板を載せる

費用をかけないで、作業スペースを確保する方法としては、シンクの上に「まな板」を載せること。通常のまな板では、当然ではありますが「シンクの上」に乗せることができないので…

  • シンクの上を覆えるぐらいの大きなまな板を用意する

  • まな板受けみたいなものを購入して、設置する

のどちらかを選択すれば、現状の作業スペースの所に、食材や食器を用意することができるので、作業がしやすくなります。



2.キッチンカウンターを導入する

キッチンカウンターを導入する

大型の家具屋さんに行けば、後付けのキッチンカウンターが発売されています。

例えば、東京インテリアでは5万円クラスのカウンターには、作業スペースと収納スペースが設置されていることから、二人暮らしをされる方であれば、食器棚を購入しなくても、十分収納することができると思われます。


さらに同社では配送料を支払うことによって、「搬入」「開梱」「設置」「梱包材の持ち帰り」までを行ってくれることから、組み立てや後片付けが面倒と感じている人によっては、嬉しいサービスと言えますよね。


なお、配送可能エリアは指定エリア内のみとなっております。配送エリア内の確認については、こちらを確認して頂き、詳細に関しては直接同社までお問い合わせください。



3.おススメなのは、IKEA製

おススメなのは、IKEA製

個人的におススメなキッチンカウンターは、IKEA製のもの。


当物件では2018年以降「空き室を順次リノベーション」を行っていますが、もともと壁付けキッチンであったので、カウンターはありませんでした。

そこでリノベーションを機にカウンターを設置することになったのですが、たまたま以前IKEA立川店に行った際、おしゃれなキッチンカウンターがあることを見つけて、試験的に導入しようと思って、昨年8月に完成した部屋に導入した所、すぐにお部屋が埋まり、このお部屋にご入居されたお客様からも、高い評価を頂きました。


作業スペースには、無垢材を使用しているんで、ナチュラルキッチンとの相性もとてもよく、さらに作業スペースも一般的なキッチンカウンターと比べて「広い」ことが特徴となっているので、使い方によっては「椅子を購入」することによって、ダイニングとしての使い方もできます。



4.グレイスロイヤルのおしゃれなキッチン

グレイスロイヤルのおしゃれなキッチン

2018年以降に募集を行った部屋には、上記のようなおしゃれなナチュラルキッチン&キッチンカウンターが標準装備となっております。


キッチンカウンターは、家具屋さんにお願いして「特別に製作」してもらった特注品。キッチン扉と同じ「無垢材」を使用しているので、経年変化を楽しむことができて、居心地がとてもよいキッチンになっています。

なお、上級グレードのお部屋には、キッチンの魅力をさらにためることができる「ペンダントライト」を設置していますので、おしゃれなカフェの様な空間に大変身します!



5.まとめ

いかがでしかたか?

今回ご紹介したキッチンカウンターは、壁付けキッチンが設置されている部屋のみとなりますが、カウンターを導入したり、またシンクの上をうまく活用することによって、キッチンの使い勝手を格段によくしてくれます。


甲府市内で2LDK賃貸物件をお探しの方は、当物件にご入居して頂ければ、おしゃれなキッチンカウンターが標準となっていますので、毎日の料理が楽しくなること間違いなしですね。


グレイスロイヤルのおしゃれな部屋▶お部屋詳細を見る


#賃貸

#壁付けキッチン


閲覧数:18回0件のコメント