賃貸契約時に住民票を提出するのはなぜ?


こんにちは。


賃貸物件に住む際、不動産仲介会社の方が「賃貸借契約書」を作成しますが、作成の際に入居される方全員の「住民票」を提出しなければなりませんが、なぜ住民票をわざわざ提出しなければいけないのでしょうか?


管理会社にとって、入居される方の身元をしっかりと把握しておく必要性があることと、なりすまして契約をすることを防ぐため、公的な書類の住民票を提出してもらうことにしています。


最近では住民票に「マイナンバー」が記載されているものもありますが、管理会社によりますが、マイナンバーが記載されたものは個人情報に当たることから、受け取りを拒否するところもありますのでご注意を!


またお子さんがいるご家庭の場合、住民票は家族全員の名前が記載されている「全部事項証明」のものを提出する必要がありますので、お間違いの無いように!



住民票は基本的に市役所に行かなければ、発行してくれません。

しかも公的な機関は、平日しか開設していませんので、平日の時間帯に市役所などに行けない方にとっては、どうすれば住民票をもらうことができるか、心配になりますよね。


山梨県の一部の市町村役場では、日曜日に一部業務を開設してるところがあり、甲府市の場合は、日曜日(祝日は除く)甲府市役所本庁舎及び一部の行政窓口センターは開設していますので、住民票など一部の公的書類を受け取ることができます。




#住民票 #賃貸借契約書